パナソニックの「W870M」を買っちゃいました!

 ビデオカメラがず~~っと気になっていました、このたび、「えい!」っと買ってきちゃいました(笑)。

 直前まではソニーにしようと思っていました。あの空間光学手ブレ補正は魅力的で、ブレ防止として大注目してました。
 ほぼこれに決まりの状態で電気屋さんに足を運んで、最後にスタッフにビデオカメラについていろいろと聞いていたら、パナソニックもいい感じということで、ほぼ決まりで来たのに迷ってしまいました(笑)。
 そうこうしているうちに、パナソニックの「W870M」に決めました。はじめ「W570M」にしようと思ったんですが、ちょっと頑張りました(笑)。

 

 W570Mは光学ズームが50倍、さらにiAズームが90倍と最大90倍ズームまででき、魅力的でした。一方のW870Mは光学ズームは30倍、iAズームは50倍ということでした。まぁ、ズーム機能はあればいいんですが、最大50倍もいければいいかと。
 それに、W870Mは画質がいい。写真ということを考えてもそこそこ撮れると思いまして。映像を撮りながらの写真、結構重宝します。
 そして、もう1点。W870MはHDR動画モードがあり、これは逆光に強いという魅力がありました。

 当初、悩んでいたソニーとの比較は、やはりブレ防止がソニーの方が良さげなところでした。それと、ソニーには大容量バッテリーで最長5時間可能だそう。W870Mの大容量バッテリーはその3分の1ぐらいでしょうか。
 ブレ防止はすごく魅力的でしたが、それ以外のメーカーのブレ防止はひどいというとそうでもないので。それに、三脚を使うとあまり変わらない。それでも、ソニーのブレ防止は魅力的でした。
 ただ、いろいろ話を聞いてみると、ソニーはズームにするとピントが甘い傾向にあると。
 こうしたところを吟味して、パナソニックのW870Mに決めました。

 バッテリーの面は、大容量バッテリーをいくつか購入。ちょっとしたカメラバッグもサービスしてくれました。

 

 

 そして、ついでに三脚も買いました。ベルボンにしました。

 ついでに、ビデオカメラ用の雲台も買いました。ビデオカメラ用の雲台に付け替えてみました。

 一脚はサービスでした。

 ちょっと大きな出費でしたが、ようやくビデオカメラを買うことができました。これまでイベントごとでの演出をデジカメで録画していましたが、動画は電池を消費することが悩みでした。
 ビデオカメラを買ったことで、数十分単位の時間は気にならなくなったのが助かるな~~っと。あとは天気だけですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)