journalism 一覧

今月号は、いくつかの興味深かった記事がありました

今月号は、いくつかの興味深かった記事がありました

 雑誌「Journalism(2013.2号)」。  興味深かったのは、「『南方週末』事件が暴露した 中国メディアの理想と現実」。...

記事を読む

「経過」や「分かりやすさ」がキーになっている

「経過」や「分かりやすさ」がキーになっている

 雑誌「Journalism(2013.1号)」の特集は、「試練を受ける世論調査」。世論調査の現在の課題と問題点とこれからについて、...

記事を読む

ジャーナリズムの原点とこれから、ジャーナリズム教育の道が開かれ始めた

ジャーナリズムの原点とこれから、ジャーナリズム教育の道が開かれ始めた

 雑誌「Journalism(2012.12号)」の特集は「ジャーナリズムを教育する」でした。  日本では、あまり学校でのジャーナ...

記事を読む

NO IMAGE

愛読誌の数と読書の習慣

 私の愛読誌は、「Newsweek」「FOREIGN AFFAIRS REPORT」「Journalism」「COURRiER Japon」...

記事を読む

フリージャーナリストの今後は?

フリージャーナリストの今後は?

 雑誌「Journalism(2012.11号)」の特集は、「紛争地のジャーナリスト」。  結構、ボリュームのある特集でした。フリ...

記事を読む

「調査報道」のメリットと課題

「調査報道」のメリットと課題

 雑誌「Journalism(2012.10号)」の特集は、「調査報道の現実」。  今、報道に対して、大きな不信感がもたれています...

記事を読む

英ガーディアンの試みは期待

英ガーディアンの試みは期待

 雑誌「Journalism(2012.9号)」。  「あなたの点数はいくつ? ネット上の影響力を表すクラウドスコア」の記事は興味...

記事を読む

ソーシャルメディアの活用はどう向かうのか?

ソーシャルメディアの活用はどう向かうのか?

 雑誌「Journalism(2012.8号)」の特集は、「ソーシャルメディアが記者を変える」。  ソーシャルメディアの存在が大き...

記事を読む

面白かった連載

面白かった連載

 雑誌「Journalism(2012.7号)」。面白かったのが、「新人記者のための「めざせ! 特ダネ」講座 第1回 新人時代=苦闘...

記事を読む

海外の報道が正しいとはいえないが、一つの指標になる

海外の報道が正しいとはいえないが、一つの指標になる

 雑誌「Journalism(2012.6号)」の特集は、「変わる事件報道」ということで、事件報道のあり方について、特集していました...

記事を読む

1 2