DAYS JAPAN 一覧

NO IMAGE

愛読誌の数と読書の習慣

 私の愛読誌は、「Newsweek」「FOREIGN AFFAIRS REPORT」「Journalism」「COURRiER Japon」...

記事を読む

一度は行ってみたいインド

一度は行ってみたいインド

 雑誌「DAYS JAPAN(2012.8号)」の特集は「大インド・人間紀行」ということで、インドの問題を取り上げていました。  ...

記事を読む

写真の力が問い直され続けている

写真の力が問い直され続けている

 雑誌「DAYS JAPAN(2012.7号)」の特集は、「いま問われる 写真の力」。  この雑誌、シンプルに問題を取り上げていて...

記事を読む

安過ぎ、速過ぎは何かがあるのかも

安過ぎ、速過ぎは何かがあるのかも

 雑誌「DAYS JAPAN」2012.6号の「OUT LOOK 価格破壊の犠牲になっているのは誰?」の記事。  ゴールデン・ウィ...

記事を読む

第8回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞

第8回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞

 やはり、東日本大震災の衝撃はものすごかった。  雑誌「DAYS JAPAN(2012.5号)」は、「第8回DAYS国際フォトジャ...

記事を読む

嫌なポイントになってしまったな

嫌なポイントになってしまったな

 雑誌「DAYS JAPAN」2012.4号。ここ1年はどの雑誌も原発問題を通らないわけにはいかなかったでしょう。DAYS JAPA...

記事を読む

電磁波問題

電磁波問題

 雑誌「DAYS JAPAN」(2012.3号)の「電磁波の海の中に生きる」の記事がすごく興味深かったです。  携帯電話が普及しだ...

記事を読む

写真の深さを少し感じました

写真の深さを少し感じました

 写真を通して社会に訴えかける雑誌「DAYS JAPAN」。愛読していて毎号、読んでいます。この雑誌の特徴は、単純にこれはおかしいことをその...

記事を読む

DAYS JAPAN 2011年12月号の読んで

DAYS JAPAN 2011年12月号の読んで

 雑誌「DAYS JAPAN」(2011年12月号)で「世界が震えた3.11報道写真」の記事がありました。  改めて、東日本大震災...

記事を読む

NO IMAGE

貧富の差と子供達

 3.11の衝撃は凄まじかった。日本では原子力発電への目は非常に厳しいモノになっており、世界でもその衝撃は大きい。しかし、それでも原発への流...

記事を読む

1 2 3