佐藤優 一覧

インテリジェンスの事件を取り上げた、『世界インテリジェンス事件史』(佐藤 優)

インテリジェンスの事件を取り上げた、『世界インテリジェンス事件史』(佐藤 優)

 世界のインテリジェンス関連の出来事の一冊。「かつてインテリジェンス大国だった日本は、なぜ凋落したのか――。元外務省主任分析官が、CIA、K...

記事を読む

世界史を通じて現代を考える入門編となる一冊、新書「大世界史 現代を生きぬく最強の教科書」(池上 彰・佐藤 優)

世界史を通じて現代を考える入門編となる一冊、新書「大世界史 現代を生きぬく最強の教科書」(池上 彰・佐藤 優)

 世界史を通じて現代を考える入門編となる一冊。「ベストセラー『新・戦争論』に続く最強コンビの第2弾! 各地でさまざまな紛争が勃発する現代は、...

記事を読む

政治というものを考える、『政治って何だ!? いまこそ、マックス・ウェーバー『職業としての政治』に学ぶ』(佐藤 優・石川 知裕)

政治というものを考える、『政治って何だ!? いまこそ、マックス・ウェーバー『職業としての政治』に学ぶ』(佐藤 優・石川 知裕)

 政治について考えた一冊になっています。「著者の名前も書名も知ってはいても、政治家はおろか政治学を学ぶ学生でもあまりしっかりとは読んでいない...

記事を読む

お金と自分(の人生)の根本を考えた入門書みたいな一冊、新書『お金に強くなる生き方』(佐藤 優)

お金と自分(の人生)の根本を考えた入門書みたいな一冊、新書『お金に強くなる生き方』(佐藤 優)

 お金と自分(の人生)についての根本を考えた入門の一冊になっていました。「「いま世の中で一番強い宗教は、“拝金教”だ」知の巨人が教える、お金...

記事を読む

様々な分野の入門としてわかりやすかった、『「知」の読書術』(佐藤 優)

様々な分野の入門としてわかりやすかった、『「知」の読書術』(佐藤 優)

 様々な分野への入門編となる本でした。「古典から電子書籍まで――「真の教養」が身につく佐藤流読書術とは?(本の帯より)」 著者のオススメの本...

記事を読む

対談形式で読みやすくオススメの本が紹介されていた、『世界と闘う「読書術」 思想を鍛える一〇〇〇冊』(佐高 信、佐藤 優)

対談形式で読みやすくオススメの本が紹介されていた、『世界と闘う「読書術」 思想を鍛える一〇〇〇冊』(佐高 信、佐藤 優)

 対談形式で、オススメの千冊が紹介されていました。「 世界各地で民族紛争や宗教対立が激化している。かつて覇権争いの主役だった国家は、経済的に...

記事を読む

自分の人生の困難にヒントが見つかるかも、『ケンカの流儀』(佐藤 優)

自分の人生の困難にヒントが見つかるかも、『ケンカの流儀』(佐藤 優)

 人生の分岐点や厳しい状況の際へのヒントが盛り込まれていました。 「憎らしい相手との闘争に巻き込まれた時、どうすべきか? 個人...

記事を読む

知性を鍛えて人生を高めるヒントに、『知性とは何か』(佐藤 優)

知性を鍛えて人生を高めるヒントに、『知性とは何か』(佐藤 優)

 「知性」とは何か。「知性」を考えた上で、今後の人生を考えさせられるヒントが盛り込まれていました。 「「反知性主義」に打ち克つ...

記事を読む

自分で考えることの勉強術のヒントが盛り込まれた、『超したたか勉強術』(佐藤 優)

自分で考えることの勉強術のヒントが盛り込まれた、『超したたか勉強術』(佐藤 優)

 自分の頭で考える勉強術のヒントが盛り込まれていました。 「一時の感情に流されない。他者の共存する道を探る。「一強多弱」の21...

記事を読む

ロシア関連の内容が多かった、『国家の攻防/興亡 領土、紛争、戦争のインテリジェンス』(佐藤 優)

ロシア関連の内容が多かった、『国家の攻防/興亡 領土、紛争、戦争のインテリジェンス』(佐藤 優)

 ちょっと前のことから最近のことについての分析内容でした。 「ロシア、ウクライナ、シリア、「イスラム国」… 「世界の火薬庫」...

記事を読む

1 2 3 4