フォト 一覧

編集長職というだけではなく、人生や他仕事に言える内容が盛り込まれていた、本『「週刊文春 編集長の仕事術』(新谷 学)

編集長職というだけではなく、人生や他仕事に言える内容が盛り込まれていた、本『「週刊文春 編集長の仕事術』(新谷 学)

 スクープを飛ばして話題になっている「週刊文春」。その編集長の仕事術が書かれていました。 「人脈・企画・交渉・組織・決断・戦略など...

記事を読む

不思議な伊坂ワールドを楽しめつつ社会について考えさせられた、小説『モダンタイムス(上・下)』(伊坂 幸太郎)

不思議な伊坂ワールドを楽しめつつ社会について考えさせられた、小説『モダンタイムス(上・下)』(伊坂 幸太郎)

 伊坂氏の不思議なワールドを楽しみながら、社会の仕組みを考えさせれる内容で面白かった。 「恐妻家のシステムエンジニア・渡辺拓海が請...

記事を読む

国際情勢を見る上でのヒントが盛り込まれていた、新書「世界観」(佐藤 優)

国際情勢を見る上でのヒントが盛り込まれていた、新書「世界観」(佐藤 優)

 国際情勢と日本を見る上でのヒントが盛り込まれていました。 「本書はこの5年間に世界で発生した大事件に対して、作家・佐藤優氏が正面...

記事を読む

アメリカのトランプ大統領誕生後はどうなるのか? そのヒントになる、新書『トランプは世界をどう変えるか? 「デモクラシー」の逆襲』(エマニュエル・トッド,佐藤 優)

アメリカのトランプ大統領誕生後はどうなるのか? そのヒントになる、新書『トランプは世界をどう変えるか? 「デモクラシー」の逆襲』(エマニュエル・トッド,佐藤 優)

 2017年1月20日、アメリカの大統領にドナルド・トランプ氏が就任。トランプ氏がアメリカ大統領になるとどうなるのか? そのヒントが盛り込ま...

記事を読む

今度は警察の外(病院)から事件を解決する、新たな主人公シリーズ、小説『院内刑事』(濱 嘉之)

今度は警察の外(病院)から事件を解決する、新たな主人公シリーズ、小説『院内刑事』(濱 嘉之)

 新しい主人公と設定で面白かった! 「文庫書き下ろし!廣瀬知剛は、政治家も利用する大病院で働く警視庁公安総務課OB。モンスターペイ...

記事を読む

人生、社会、平和などなどを考えさせられる物語で楽しめた、小説『半島を出よ(上・下)』(村上 龍)

人生、社会、平和などなどを考えさせられる物語で楽しめた、小説『半島を出よ(上・下)』(村上 龍)

 この小説は、人、人生、社会について考えさせられる内容で興味深く読めました。 「二〇一一年春、九人の北朝鮮の武装コマンドが、開幕...

記事を読む

ユニークさ&物語設定の発想が面白く気軽に楽しめた、小説『愚者のスプーンは曲がる』(桐山 轍也)

ユニークさ&物語設定の発想が面白く気軽に楽しめた、小説『愚者のスプーンは曲がる』(桐山 轍也)

 物語の発想が面白く、物語もユニークな展開で面白かった! 「ある日突然、銃を所持した超能力者(らしい)二人組に拉致された町田瞬。...

記事を読む

国際的なスケールになりそうな展開が楽しめた、小説『警視庁公安部・青山望 国家簒奪』(濱 嘉之)

国際的なスケールになりそうな展開が楽しめた、小説『警視庁公安部・青山望 国家簒奪』(濱 嘉之)

 安定した面白さで今作も読み入りました。 「組ご法度の覚醒剤取引に手を出した若頭が名古屋・栄で爆殺された。背後には、バハマリ...

記事を読む

いい感じの微妙なつながりがスパイスになった、小説『首折り男のための協奏曲』(伊坂 幸太郎)

いい感じの微妙なつながりがスパイスになった、小説『首折り男のための協奏曲』(伊坂 幸太郎)

 伊坂幸太郎氏の独特な不思議ワールドが楽しめました。 「被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。テレビ番...

記事を読む

あのトレインスポッティングになるまでの物語が楽しめた、小説『トレインスポッティング0 スキャグボーイズ』(アーヴィン・ウェルシュ)

あのトレインスポッティングになるまでの物語が楽しめた、小説『トレインスポッティング0 スキャグボーイズ』(アーヴィン・ウェルシュ)

 トレインスポッティングのあの独特なリズムと雰囲気が甦ってくるのを感じつつ、まさに人生・青春の旅の物語を楽しめました。 「マ...

記事を読む

1 2 3 4 5 174