新書 一覧

社会を変えるということがどういうことかの入門になる、『社会を変えるには』(小熊英二 著)

社会を変えるということがどういうことかの入門になる、『社会を変えるには』(小熊英二 著)

 2011年3月11日の東日本大震災により原発問題が大きな話題となって、原発反対への抗議行動が活発になりました。これまでの体制を変革...

記事を読む

読み応えあった「『動乱のインテリジェンス』/佐藤 優・手嶋 龍一」

読み応えあった「『動乱のインテリジェンス』/佐藤 優・手嶋 龍一」

 佐藤優氏と手嶋龍一氏の対談、やはりすごく興味深く読みました。 「著者の預言どおり、世界はにわかに動乱の季節を迎えた。日本周辺...

記事を読む

NO IMAGE

「依頼人を救え 不安社会の深層」/丸山佑介

 様々な問題を抱えた人々は到る所にいます。その中には、警察にも親しい人にも相談できない問題を抱えて、探偵事務所にやってくるという。そうした問...

記事を読む

NO IMAGE

「アメリカから<自由>が消える」/堤 未果

 9・11の米同時多発テロは世界を大きく変えました。同時に、アメリカ自体も大きく変えました。  これまでアメリカの「自由」は、世界から大き...

記事を読む

NO IMAGE

「電子書籍の衝撃~本はいかに崩壊し、いかに復活するか?~」/佐々木 俊尚

 著者は本をよく読み、本も出しています。背表紙の概略は、 「私は年に数百冊も本を購入し、たぶん百冊以上はちゃんと読んでいる活字中毒者で...

記事を読む

NO IMAGE

「知らないと恥をかく世界の大問題」/池上 彰

 出来事を分かりやすく解説してくれる池上彰さん。テレビでも大人気で、一大ブームまで巻き起こしたほどの人気を誇る、池上さん。様々な出来事を分か...

記事を読む

NO IMAGE

「私のフォト・ジャーナリズム~戦争から人間へ~」/長倉洋海

 長倉洋海氏を知ったのは、新書「フォト・ジャーナリストの眼」を読んでからでした。当時、私はこれからの自分を夢見る(今でもそうですが)、20代...

記事を読む

本を買ってきました

本を買ってきました

 新書を中心に本を買ってきました。 ・「私のフォト・ジャーナリズム」/長倉 洋海 ・「ロシア・ハウス 上」/ジョン・ル・カレ...

記事を読む

NO IMAGE

こんな長編ものは初です

 今読んでいる小説なんですが、これが約500ページあって、1ページの構成が上段と下段に文章が分かれている形式なんですが、これが上巻と下巻とで...

記事を読む

NO IMAGE

COURRiER Japonの特集

 今月号のCOURRiER Japonの特集は「貧困大国の真実」ということで、アメリカが取り上げられています。  超大国アメリカの深刻な問...

記事を読む

1 2 3 4 5