新書 一覧

シンプルさと理由説明でわかる、『修羅場の極意』(佐藤 優)

シンプルさと理由説明でわかる、『修羅場の極意』(佐藤 優)

 修羅場でもそうですが、人生を歩んで行く上での、ポイントが書かれていました。 「修羅場には独自のルールがあり、それに対応する作...

記事を読む

『逆境を乗り越える技術』(佐藤 優×石川 知裕)

『逆境を乗り越える技術』(佐藤 優×石川 知裕)

 読みやすくて、分かりやすい内容でした。 「ともに東京地検特捜部に逮捕され、有罪判決を受けた外交官と衆議院議員。長期間の検察の...

記事を読む

わかりやすく日本の問題を取り上げた、『ジャーナリズム崩壊』(上杉隆)

わかりやすく日本の問題を取り上げた、『ジャーナリズム崩壊』(上杉隆)

 すごくわかりやすい内容で、今のマスコミの問題を取り上げていました。 「日本の新聞・テレビ記者たちが世界中で笑われている。その...

記事を読む

情報戦争がはげしくなっていく『国際メディア情報戦』(高木 徹)

情報戦争がはげしくなっていく『国際メディア情報戦』(高木 徹)

 埋め込まれた情報が溢れるようになっていく世の中で、「いかにメディアリテラシーを鍛えられるか」、を考えさせられる内容でした。 ...

記事を読む

歴史を面白く物語のように読ませてくれた、『黒田官兵衛 作られた軍師像』(渡邊大門)

歴史を面白く物語のように読ませてくれた、『黒田官兵衛 作られた軍師像』(渡邊大門)

 大河ドラマ「軍師官兵衛」で、黒田官兵衛にはまりました(笑)。その官兵衛がどんな人物で、どんな人生を歩んだか、面白く読めました。 ...

記事を読む

報道業界の行方に大きなヒントをさぐる、『アメリカ・メディア・ウォーズ ジャーナリズムの現在地』(大治 朋子)

報道業界の行方に大きなヒントをさぐる、『アメリカ・メディア・ウォーズ ジャーナリズムの現在地』(大治 朋子)

 報道の世界が今後、どうなっていくのか? アメリカの報道がどうなっているのか? 本書は報道の行方についてのヒントが分かりやすく書かれていまし...

記事を読む

『知の武装 救国のインテリジェンス』(手嶋龍一・佐藤優)

『知の武装 救国のインテリジェンス』(手嶋龍一・佐藤優)

 国際情勢は日々、変化しています。その変化がどういう方向に向かっているのか。そんなヒントがこの本には盛り込まれています。 「ニ...

記事を読む

特にニュースを収集し、まとめることヒントが注目でした!『池上彰のニュースの学校』(池上 彰)

特にニュースを収集し、まとめることヒントが注目でした!『池上彰のニュースの学校』(池上 彰)

 池上彰氏といえば、TVでも大活躍されていてご存知かと思います。すごくわかりやすい解説や説明で人気者だといえます。本書も実にわかりやすい内容...

記事を読む

わかりやすい内容でヒントが得られます、『人に強くなる極意』(佐藤 優)

わかりやすい内容でヒントが得られます、『人に強くなる極意』(佐藤 優)

 わかりやすい内容で、気軽に読めました。  第1章から第7章の構成で、シンプルな感じで、わかりやすかったです。 第1章:...

記事を読む

今後の世界の動向に対してどうすべきか、新書『人間の叡智』(佐藤優 著)

今後の世界の動向に対してどうすべきか、新書『人間の叡智』(佐藤優 著)

 分かりやすくなって、国際的な情勢と個人についての考察が書かれていました。 「人間の叡智 下がる賃金、厳しい就活、ひろがる格...

記事を読む

1 2 3 4 5