新書 一覧

国際情勢を見るヒントになる、新書『世界史の大転換 常識が通じない時代の詠み方』(佐藤 優,宮家 邦彦)

国際情勢を見るヒントになる、新書『世界史の大転換 常識が通じない時代の詠み方』(佐藤 優,宮家 邦彦)

 現在の国際情勢について知る上でのヒントが盛り込まれていました。 「跋扈するIS、誰も予期できなかったトランプ現象、止まらない中...

記事を読む

基本が大切でその基本について書かれていた、新書『牙を研げ 会社を生き抜くための教養』(佐藤 優)

基本が大切でその基本について書かれていた、新書『牙を研げ 会社を生き抜くための教養』(佐藤 優)

 はじめは、ちょっとした生き抜くためのコツといった感じかと思っていたら、根本に触れるような内容で、基本を学ぶ大切さが書かれていました。 ...

記事を読む

文章を書いて伝えることの大切なポイントが盛り込まれていました、新書『書く力 私たちはこうして文章を磨いた』(池上 彰,竹内 政明)

文章を書いて伝えることの大切なポイントが盛り込まれていました、新書『書く力 私たちはこうして文章を磨いた』(池上 彰,竹内 政明)

 文章を書くのは簡単なようで難しいです。 「ついに夢の対談が実現! 個性的でありながら、多くの人に読んでもらえる文章の書き方と...

記事を読む

国際情勢を見る上でのヒントが盛り込まれていた、新書「世界観」(佐藤 優)

国際情勢を見る上でのヒントが盛り込まれていた、新書「世界観」(佐藤 優)

 国際情勢と日本を見る上でのヒントが盛り込まれていました。 「本書はこの5年間に世界で発生した大事件に対して、作家・佐藤優氏が正面...

記事を読む

アメリカのトランプ大統領誕生後はどうなるのか? そのヒントになる、新書『トランプは世界をどう変えるか? 「デモクラシー」の逆襲』(エマニュエル・トッド,佐藤 優)

アメリカのトランプ大統領誕生後はどうなるのか? そのヒントになる、新書『トランプは世界をどう変えるか? 「デモクラシー」の逆襲』(エマニュエル・トッド,佐藤 優)

 2017年1月20日、アメリカの大統領にドナルド・トランプ氏が就任。トランプ氏がアメリカ大統領になるとどうなるのか? そのヒントが盛り込ま...

記事を読む

世界史を通じて現代を考える入門編となる一冊、新書「大世界史 現代を生きぬく最強の教科書」(池上 彰・佐藤 優)

世界史を通じて現代を考える入門編となる一冊、新書「大世界史 現代を生きぬく最強の教科書」(池上 彰・佐藤 優)

 世界史を通じて現代を考える入門編となる一冊。「ベストセラー『新・戦争論』に続く最強コンビの第2弾! 各地でさまざまな紛争が勃発する現代は、...

記事を読む

政治というものを考える、『政治って何だ!? いまこそ、マックス・ウェーバー『職業としての政治』に学ぶ』(佐藤 優・石川 知裕)

政治というものを考える、『政治って何だ!? いまこそ、マックス・ウェーバー『職業としての政治』に学ぶ』(佐藤 優・石川 知裕)

 政治について考えた一冊になっています。「著者の名前も書名も知ってはいても、政治家はおろか政治学を学ぶ学生でもあまりしっかりとは読んでいない...

記事を読む

お金と自分(の人生)の根本を考えた入門書みたいな一冊、新書『お金に強くなる生き方』(佐藤 優)

お金と自分(の人生)の根本を考えた入門書みたいな一冊、新書『お金に強くなる生き方』(佐藤 優)

 お金と自分(の人生)についての根本を考えた入門の一冊になっていました。「「いま世の中で一番強い宗教は、“拝金教”だ」知の巨人が教える、お金...

記事を読む

対談形式で読みやすくオススメの本が紹介されていた、『世界と闘う「読書術」 思想を鍛える一〇〇〇冊』(佐高 信、佐藤 優)

対談形式で読みやすくオススメの本が紹介されていた、『世界と闘う「読書術」 思想を鍛える一〇〇〇冊』(佐高 信、佐藤 優)

 対談形式で、オススメの千冊が紹介されていました。「 世界各地で民族紛争や宗教対立が激化している。かつて覇権争いの主役だった国家は、経済的に...

記事を読む

ドイツに影響する動向のヒントになった、『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告』(エマニュエル・トッド)

ドイツに影響する動向のヒントになった、『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告』(エマニュエル・トッド)

 ドイツだけではなく、ドイツに関わる周辺国、世界の国々の動向のヒントもありました。 「冷戦終結と欧州統合が生み出した「ドイツ帝...

記事を読む

1 2 3 4 5