3Dプリンターという衝撃

 雑誌「FOREIGN AFFAIRS REPORT(2012 NO.11)」。冒頭から中国との関係記事でした。中国との関係は今後、どうなっていくのか? その行方を。
 「中国を対外強硬路線へ駆り立てる恐れと不安」という記事で、アメリカのアジア重視戦略の展開の仕方と中国事情を分析していました。アメリカのアジアへの転換での行き過ぎた行動が、中国を逆に刺激すると指摘しています。中国の反発路線は強硬になりやすくなってきていると。果たして? 今後は??

 面白かったのは、「第三の産業革命」。私はそこまで知りませんでしたが、3Dプリンターというものが、すごい進化を遂げているそうです。
 極端な話ですが、PCから自分が欲しいモノをつくってしまう・・・・・・という感じ。これは、すごいですね。3Dプリンターが銃をつくってしまうかも、という記事を読んだことがありますが、この記事では、銃問題は別にしても、すごいことだと。
 果たして、この技術が生活に密着まで、実現すれば、どうなっていくのでしょうね。そして、それは、今からどのくらいで普及するのか?

 「特集 ユーロを救うのはECBかドイツか」。やはり、EUの経済危機の状況は深刻で、気になるところ。
 EUはどうなるのか? 記事では今の問題と今後のヒントが。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)