六本木のフジフィルムスクエアで写真展が開催されていました

 東京ミッドタウンにあります、フジフィルムスクエアで写真展が開催されていました。

 川北茂貴写真展「夜景時間」という写真展で、人口の明かりに照らされた工場や高架道路などを撮影した写真でした。

日没から夜明けまで、普通の人とは逆の夜の世界を撮影する夜景写真家、川北茂貴の、初めての写真展です。昼間とは違い、人口の明かりに照らされた空間の美しさに惹かれて、これまで約20年間夜景を撮り続けてきました。普段は文字通り陽の当たらない夜景の世界を、この機会に知っていただければ幸いです。
(案内より)」

 夜の雰囲気が味わえる写真でした。

開催概要
川北茂貴写真展「夜景時間」
・期間:2012年11月2日(金)~2012年11月15日(木)
・時間:10時~19時
・場所:富士フィルムフォトサロン/東京 フジフィルムスクエア(東京都港区赤坂9-7-3)
・入場無料

 そのついで(?)に、こちらもやっていたので、見てきました。「第十六回 AMATERS展 太陽 月 海 大地」。

 

AMAでは、人間と自然との関り合いにおいて最も根源的な被写体にテーマを絞り、太陽が私たちに与えてくれる恩恵を、月が見せてくれる神秘を、そして空や海、大地が教える優しさと怖さを、全紙141点(東京展)の作品により、感動的に構成します。
(案内より)」

 案内からわかると思いますが、自然の神秘的さを感じる写真ばかりでした。

開催概要
第十六回 AMATERS展「太陽 月 空 海 大地」
・期間:2012年11月2日(金)~2012年11月8日(木)
・時間:10時~19時
・場所:富士フィルムフォトサロン/東京 フジフィルムスクエア(東京都港区赤坂9-7-3)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)