愛読誌が増えるかも

 愛読誌の話は以前に書きました。

 僕の主な愛読誌は「Newsweek」「COURRiER Japon」「DAYS JAPAN」「SAPIO」「編集会議」といった雑誌を愛読しています。編集会議は3月号で休館とのことですが、復刊する予定。

 これらの雑誌に加え、今、新たな雑誌にも目をつけています。
 市場には、多数の魅力的な雑誌が多いのですが、それらを全部、買って読むのは限界があります。だけど、その中の数誌ぐらいは読めたり、見たりできます。

 上記の雑誌は主に、情報誌ですが、今回、検討しているのが、「日経アソシエ」と「週刊 SPA」です。
 「日経アソシエ」は自己啓発やノウハウなどといったもので、なぜ、この雑誌に目がいうくというと、やはり、今の生活や仕事の業務の改善点やモチベーションに対してのヒントになればいいなって思ってです。
 「週刊 SPA」は、これは問題があって、それが身近な問題だという意味で実に興味深いものだからです。というのは、戦争や紛争などと言ったものの、近い問題であることは確かですが、そうじゃなく、生活に直に感じることができるという意味では、大きな問題を実はこうやって身近な問題になってくるのですよっと。そういった意味で、興味深いです。

 今は主にこの2誌ですが、それに加え、余裕があれば、「週刊新潮」や「ナショナル・ジオグラフィック」も読んでも面白いかもっと思っています。

 どの雑誌もジャンルや種類の違いなどから、書き方も違い、読み方も違うので、面白く読めます。だけど、ただ読んでいるだけではもったいないので、いかに吸収できるかだと思っています。まぁ、これは、また別の話です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)