今年も楽しめた「第34回 足立の花火」

 10月13日(土)、足立区の荒川の河川敷で「第34回 足立の花火」が開催されました。
 テーマは「ますます ワクワク 明日のあだち」ということで、昨年より5,000発多い約1万5,000発の花火が約70分間、楽しめました。

 花火開始は18時から。私は17時30分過ぎに河川敷に着き、目ぼしい地点をさがしたところ、いい感じのところに。辺りはまだ薄明るい状態で、花火開始までゆっくりモードに。川には屋形船が。そして、川の向こうには東京スカイツリーが。

 

 18時になりますと、カウントダウンが始まり、花火が始まりました。

 花火のプログラムは、第1幕~から第4幕までの構成となっていました。
 第1幕は「明日に向かって」。「旅立ちの春から、若芽が出て新緑となり、やがては大樹になる!」という前向きな気持ちを表した演出。
 第2幕は「勇気を持って」。パステルからの「あじさい」、「レインボー」、光の束の飛び散る「万華鏡」が夜空に輝きました。打ち上げ場所が複数になることで、ワイドな花火を演出。
 第3幕は「心を込めて」。この幕から音楽とのコラボレーションが楽しめましたが、私のいた地点では・・・・・・(笑)。ピラミッドと特大富士の演出が見所でもありました。
 最後となる第4幕は「手をとりあって」。クライマックスでは、ナイアガラ、満開のしだれ桜が楽しめ、盛大なフィナーレを楽しめました。
 型物花火には、幅300mのナイアガラに加え、高さ50mにもなる特大富士が楽しめました。

  

  

 

 フィナーレです。

 花火はやはり、いいものですね! 他にも動画がありますので、後ほど!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)