TOKYO STATION VISION

 9月23日(日)、東京駅の丸の内側で「TOKYO STATION VISION」が開催されました。
 東京駅のレンガの壁面にCGを使った演出が楽しめるというもので、最先端の技術「プロジェクションマッピング」を用いて高精細フルCG映像を投影したものを楽しめるものでした。

 サイトで調べてみると、20時から3回見ることができるというので、19時30分過ぎに東京駅に着くように向かいました。
 はい! 完全に甘くみていました。東京駅の丸の内側の改札口を出ると、スタッフが生き方を案内していまして、北口を出るとものすごい人!? しかも、リズミカルな音で映像が壁面を演出していました。

 

 

 「あれっ!? 20時からではなかったのかな~」と思いつつ、会場への列に並びました。20時から20分おきに3回、演出されるということですが。
 演出が終わると、アナウンスで1回目が終わったという内容。予定変更になったみたいですね。来る前に調べていたところ、22日は一部中止だったみたいなので、変更の可能性高いな~っと。

 しばらくすると長蛇の列が進んでいき、観戦会場へと。会場での見る位置ですが、いろいろ検討したところ、東京駅に向かって左側の最後ろに。背中には柵。ここだと、撮影する際には、後ろの人の迷惑にはならない。

 始まるまで、もう時間つぶしに周りを観察していると、後ろには。

 周囲には。

 そして、東京駅。

 演出は約10分間。

 後ろで見ていて良かったのは、演出の全体を見れたことですね。もし、前の方だったら、迫力はあるけど、全体を見るのは大変そう。
 私が見たのは、20時からの2回目。会場から出て、ちょっと「他の地点から見れないかな~」と丸ビルの方に歩いて行きましたが、やはり、ダメ(笑)。もう、すごい多くの人々が。
 ラッキーだったのは、雨模様だったのが、東京駅に着いたら、もう雨がやんでいたこと! ラッキーでした!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)