東京メトロ「銀座」線

 今日、取材で移動していたとき、東京メトロ「銀座」線を利用したのですが、この電車で発車を待つときに、電車の停車駅などを見ていたところ、ちょっとしたことに驚きました。

 「銀座」線は、浅草と渋谷を結ぶ線であります。よくよく見ると、これが実に面白い組み合わせだな~っと思います。

 これは、勝手な個人的な意見であります。
 浅草というのは、下町という感じで、新旧どちらかといえば、旧のほうであり、古いが文化や伝統があるというイメージ。
 対する渋谷は、新のイメージである。流行の場所、若者の場所で活発な感じがします。

 この2つの場所、両極端な場所を結んでいるから実に面白い!
 さらに、その中間に位置するのは、銀座!?

 思わず、この構図というか、組み合わせは、考えた人、すごし!っと(笑)。
 銀座は天秤に当たる中間に位置しているように思います。新旧どちらも存在する位置かと。

 浅草、銀座、渋谷という点がうまく、線として成り立つように感じました!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)