映画「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-」

 戦争はやはり嫌なものですね。

 物語は「 1944年。日本軍にとっての重要拠点であるサイパン島は、圧倒的な物量に勝るアメリカ軍の前に、陥落寸前まで追い込まれていた。そしてついに、サイパン守備隊幹部は日本軍玉砕命令を発令する。そんな中、玉砕を覚悟しながらも生き延びた大場栄大尉は、無駄死にすることなくアメリカ軍への抵抗を続けることを決意する。そんな彼のもとには、その人望を慕って、上官を失った兵士や民間人たちが集まってくる。やがて彼らは、サイパン島最高峰タッポーチョ山に潜み、ゲリラ戦を展開していく。その統率された部隊に翻弄されるアメリカ軍は、大場大尉を“フォックス”と呼び、警戒を強めていくが…。

 太平洋戦争のサイパンを舞台にした戦争の映画。
 主人公の大場大尉の戦争を通じた行いが注目の映画。そして、その大場に影響される人々とアメリカ兵にも。
 映画の雰囲気は、どこか淡々とした感じで進んでいき、迫力さとかそういうものを求めるとあてがはずれます。淡々とした感じには、深いようなそうでないような感じがあり、どう受け止めるかは、見る人の感覚。
 ただ、戦争の中でも、こういう人がいたということがわかる映画です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)