映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

 本「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読んで、それを実写化ということで、興味がありました。

 あらすじは「 入院中の親友に代わり、弱小野球部のマネージャーを買って出た女子高生の川島みなみ。入部早々、甲子園に連れて行くと宣言してしまう。しかし、マネージャーの仕事を何も知らない彼女は、解説書を求めて本屋に立ち寄り、勘違いから店主に経営者のバイブルと誉れ高いビジネス本の名著『マネジメント』を勧められてしまう。しかし、意外にもその内容に感動したみなみは、これを野球部で実践してみようと思い立つ。それはやがて、やる気のなかった部員や監督の意識を改革し、高校野球界での常識さえも覆す画期的な戦術を編み出すなど着実に効果を上げていくのだったが…。

 本の方は、すごく読みやすいもの。それに、何と言っても、小説風にしているのが、すごく分かりやすいものでした。つまり、マネジメントを物語という形で、入っていくと言う感じ。本格的に学ぶための、いいきっかけになると思います。
 ということで、本はいいとして、果たして、映画の方はどうかというと。これは本当に映画ですね。それも気軽に見る映画ですね。マネジメントという要素は確かに盛り込まれていますが、そのマネジメントを見たいのであれば、断然、本の方を読んだ方がいいです。まぁ、よいきっかけにはなるかもしれませんが。
 軽い感じで楽しめるものではありますが、正直、物足りなさもあります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)