「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ[新訳版]」/ジョン・ル・カレ

 ジョン・ル・カレの小説を読み始めていると、やはり、この3部作が気になるところ。旧訳版の本書は手に入れたけれど、残りの2作品が手に入らなくて、なかなか読み始められなかったところ、新訳版で3作品が出たので、早速、読みました。

英国情報部<サーカス>の中枢に潜むソ連の二重スパイを探せ。引退生活から呼び戻された元情報部員スマイリーは、困難な任務を託された。二重スパイはかつての仇敵、ソ連情報部のカーラが操っているという。スマイリーは膨大な記録を調べ、関係者の証言を集めて核心に迫る。やがて明かされる裏切者の正体は? スマイリーとカーラの宿命の対決を描き、スパイ小説の頂点を極めた三部作の第一弾。著者の序文を付した新訳版
(小説のあらすじより)」

 やはり、これまでのジョン・ル・カレの文章構成ですね。ちょっと難解で、これはじっくり、それとも、何回か読みなおした方が面白そうだと思います。
 私の読み方は、登場人物が出てきて、それらの役割はストーリーで覚えるので、初期の頃は、登場人物がどういう人物だったか、というのは忘れていたり(笑)。この作品、あまりそういう読み方は好ましくありません(笑)。つまり、作り込まれているといえばいいのでしょうか。その作り込みが細部まであって、それは読み込まないと融合しないように感じます。
 それでも、物語の節々ではさすが、入り込んだりして、後半部分からグッと入りこませられました。でも、やはり、じっくり、読み込んだ方が断然、面白いのでしょうね。
 この小説(ジョン・ル・カレの作品)は普通に読むのではなく、考えながら読むのがよさそうです。
 あらすじでもありましたが、膨大な資料を読んで分析と。これ、まさしく読んでいても。ただ、読み込まないとストーリーがなかなか頭に入らなかったりするのが危険です。でも、それでも読み込むともっと面白いと感じさせてくれる小説です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)