「読書の技法~誰でも本物の知識が身につく 熟読術・速読術「超」入門~」/佐藤優

 書店で見つけて、衝動買いしてしまいました(笑)。

月平均300冊、多い月は500冊以上
基本書は3冊買って、真ん中から読め
1冊5分で読む「超速読」と
30分で読む「普通の速読」を使いこなせ
読書の要「基礎知識」は、高校の教科書と
学習参考書で身につけろ

佐藤流「本の読み方」初公開!
(本の帯より)」

 読書術、好きで読んでしまいます(笑)。今回は元外交官の佐藤優氏。
 本の冒頭では、佐藤氏の仕事部屋も紹介されていて、面白い。もちろん、肝心の内容は「なるほどな」と。様々な読書術がある中、佐藤氏の読書術が変わった方法というわけではありませんが、やはり、この方法をすることで身に付く、背景と理由が書かれているので、なぜ、この方法で順序で、読書をしていくのかということを理解することができます。
 そして、もう一つ。本の優先順位や自分にとっての重要度をしっかりと見極めることが重要で、そして、速読術も紹介されています。
 読書術の方法が主ですが、その読書術の例題として、社会や歴史、政治等の実際の話の展開もあります。読書術の効果で得られる事柄として解説しています。ただ、これはきちんと基礎や土台を得た上での話で、いきなり、ここまでわかるとはならないのでしょう。
 それでも、基礎や土台を築くことの大切さが書かれていまして、時間がなかなかないビジネスパーソンへの指摘・アドバイスになっています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)