映画「第9地区」

 面白そうな設定で、気になっていました。

南アフリカ・ヨハネスブルグ上空に突如現れた巨大な宇宙船。船内の宇宙人たちは船の故障によって弱り果て、難民と化していた。南アフリカ政府は“第9地区”に仮設住宅を作り、彼らを住まわせることにする。28年後、“第9地区”はスラム化していた。超国家機関MNUはエイリアンの強制移住を決定。現場責任者ヴィカスを派遣、彼はエイリアンたちに立ち退きの通達をして回ることになるのだが…。

 宇宙船がやってきて、宇宙人が南アフリカにやってきた。しかし、宇宙人達は難民化していて、南アフリカの第9地区に仮設住宅をつくり、住まわせることに。あらすじは上記の通りです。
 物語のテンポはそこそこって感じで、物語自体はあと一息って感じ。物語に夢中になるかといえば、なるようでならない感じでした。
 だけど、主人公への感情移入はある意味、感情移入できるようで、でも腹立たしさを感じながら(笑)、見ていました。この後、どうなるのか? という気になる要素は満載で楽しめます。
 ただし、最後の終わり方はちょっと納得できなかった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)