SNSの見方は片方だけではない

 雑誌「Newsweek」(2012.4.4号)の「独裁者たちのSNS活用法」。
 SNSが中東・アフリカで革命のきっかけをつくったことは、記憶に新しいかと思います。そうしたことから、SNSの活用が大きく普及することにもなり、SNSの存在は大きなものになりました。
 しかし、このSNSですが、何も市民達の側だけではないということです。つまり、独裁者達の方もSNSを活用できるのです。現実の世界とインターネットの世界との両方で、規制をしていく方向ですが、そのインターネットの世界で、SNSを規制なり、主張なりなどが行われていくことになりそうです。
 SNSをどう活用していくのかは、これから注視する必要がありそうです。革命のSNSが独裁のSNSにならないように、と願うものですが、様々なことができるSNSの世界をどう活用していくかに、効果は変わってきそうです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)