Caretta illumination2011「Blue Forest」

 汐留のカレッタプラザの地下2階で「Caretta illumination2011『Blue Forest』が2012年1月9日まで開催されています。
 昨年まで東京で見てきたイルミネーションの中で、トップクラスになる演出だったので、「今年の演出はどうなのか?」と期待しつつも、「昨年以上には難しいかもな~」と思いながら、楽しみにしていました。

  

  

 音と光の森「Blue Forest~ブルー フォレスト」の今年の演出は、「癒しの森」をとテーマに、「シアワセが宿る木々」、元気がもらえる「元気の泉」、明日への希望が生まれる「希望の鐘」、家族や恋人との絆を強める「きずなのツリー」の演出が楽しめます。

  

 「希望の鐘」を鳴らすと、5つの色の光からいずれかが現れるそうです。
・Star Gold:自信にあふれている時。積極的に人前へ出ると、いつも以上の手応えや成果が得られます
・Sky Blue:チャンスに恵まれ、ノボ実が驚くほどスムーズに進む時。誰かの協力で、物事はより良い方向へ
・Leaf Green:集中して、コツコツ努力を続けられる時。努力して得たものはあなたに幸福を運びます
・Rose Red:勢いとパワーがみなぎる時。想いや衝動が強いほど成功します。新しいことにチャレンジを
・Snow White:周りの人達と穏やかに過ごせる時。誰かに相談すると、親身なアドバイスをもらえます
といった、内容。

 30分ごとに約10分間、イルミネーションショーが楽しめます。音楽プロデューサーにヴァイオリニストの高嶋ちさ子氏(すみません、初めて知りました、笑)、12人のヴァイオリニストによる奏でる音楽と、約25万球のLEDと光のコラボレーションが楽しめました。
 ショーの内容は、
・Scene1:アヴェ・マリア(作曲:サン=サーンス)、母の胸の温かさを思わせる優しいメロディーが、人々をBlue Forestに誘います
・Scene2:バレエ組曲「くるみ割り人形」から「花のワルツ」(作曲:チャイコフスキー)、たくさんの夢や願いが集まって、Blue Forestいっぱいに咲きこぼれます
・Scene3:星に願いを(作曲:リー・ハーライン)、Blue Forestの中でも、人々の祈りがしっかりと根を張り、願いが豊かに実るよう、静かに力を蓄えています
・Scene4:Blue Forest(作曲:高嶋ちさ子)、新しい春を間近に控え、弦楽器の美しいアラベスクにのって、Blue Forestが躍動します
 17時から30分ごとに、22時30分が最後になるみたいです。

  

 そして、46階(地上約200m)には展望スペース「SKY VIEW」がありました。ここは初めて行きましたが、すごくきれいな景色、夜景を見ることができ、レインボーブリッジなども。

 そして、ここでもこの時期限定で、イルミネーションが楽しめます(館内)。

<開催概要>
・場所:カレッタ汐留B2F カレッタプラザ及び館内
・開催期間:2011年12月6日(火)~2012年1月9日(月・祝)※2012年1月1日(日・祝)・1月2日(月・祝)は休み
・点灯時間:17~22時(2011年12月22日(木)~25日(日)は~23時、12月26日(月)~2012年1月9日(月・祝)は~21時30分)

 

 どうしても、昨年の演出と比較してしまいますが、演出に関しては昨年の方が衝撃的で良かったです。今年は昨年より、もっとシンプルな演出になっているように思いました。そのシンプルさが見ている側に癒しの効果もあるのではないかと、昨年と違った感じ方を楽しめました。

 近くにこんなイルミネーションがありました。

  

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)