手帳用のペンを奮発

 先日から手帳のペンを黒色にしたとブログで書きました。それまでは4色プラスシャープペンの多機能ペンを使っていましたが、黒だけでいけないかと、シンプルにした方がかっこいいし、結構いい感じに手帳を活用できるのでは、と思ったわけです。
 それで、黒色だけでしばらくつけたところ、「いける!」と(笑)。
 それに、現在、システム手帳を愛用していましたが、ポケットに入るサイズの綴じ込み手帳に変えようかとも迷っていました。しかし、これはやはり、システム手帳で行こうという結論に達し、愛用するFILOFAXのバイブルサイズの手帳を使い続けることに。

 

 そうして、今後とも長く付き合う手帳とペンということで、ペンを奮発してきました。

 

 モンブランの「MEISTERSTUCK Platinum Line/Classique」のボールペン!

 上から、「MEISTERSTUCK 149」の万年筆、「MEISTERSTUCK Platinum Line/Le Grand」のボールペン、そして、今回のペンです。

 落ち着きますし、飽きが来なく長いこと愛用できる一品です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)