和紙キャンドルガーデン~東北の力・世界の力~

 東京ミッドタウンで10月15日から16日の2日間、「和紙キャンドルガーデン~東北の力・世界の力~」が開催されていました。
 天気が微妙で、雨の確率もありましたが、運良く!

 「TOHOKUエリア」「KIBOUエリア」「KIZUNAエリア」の3つのエリアに分かれていて、

  

「TOHOKUエリア」は、青森・岩手・宮城・福島の花や木をイメージした色の和紙で作る照明が水面を照らして演出されていました。

 

 「KIBOUエリア」では、ミッドタウン・ガーデンの道沿いに、まるで芝生広場への道しるべのように約1,400個の和紙キャンドルが演出されていました。

  

  

 「KIZUNAエリア」では、東北の方々の「想い」、日本全国・世界の方々からの「エール」がキャンドルに描かれ、「絆」を意味する伝統文様「七宝」の形に並び、未来に向かうエールを表現。約2,000個の和紙キャンドルが芝生広場全体を演出していました。

  

 日本人や外国人から、様々なメッセージが。そして、メッセージを書くコーナーも。

 ろうそくで表現。

 東京タワーとのコラボ。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)