グーグルのアンドロイド戦略はどこへ?

 ちまたでは、スマートフォンが大流行していまして、iPhoneをはじめ、エクスペリアやギャラクシーといったスマートフォンを操作する人々が目立ち、それをうらやましげに見ていました(笑)。これまでは(笑)。今では愛用しています。
 そうした中、グーグルがモトローラを買収するという大きなニュースが注目されました。

 Newsweek(2011.8.31号)の「モトローラ買収、グーグルの本音」という記事。正直、グーグルがモトローラを買収するというニュースを初めて知った時は、そこまで「フ~ン」という感じでした。
 でも、この記事を読んで、よくよく考えると、今後のアンドロイド携帯の行方が気になってきました。アンドロイド携帯は、ほぼiPhone以外の携帯が該当しますね。しかし、今回のグーグルのモトローラ買収に伴い、今後のグーグルの戦略も変化するのではないかと言われています。
 当のグーグルは、今後もアンドロイドはオープンで提供していくといいますが。そこで、具体的にいうと、モトローラ買収ということで、携帯電話のハードをつくることにもなることから、モトローラの携帯がアンドロイドに適した携帯になるといったことです。それはつまり、グーグルが優先的にモトローラの携帯を優先にすることもできるということですね。
 現在、アンドロイド携帯は質が低くても高くても、搭載できる状態ですが、これにより高くなくてはやっていけなくなってくるという、利用者としてはメリットもありますが。もちろん、デメリットもあります。価格が高くなる可能性もあるし、アンドロイド携帯の種類が減る可能性もあります。

 要は、iPhoneの仕組みに近くなる可能性が強くなるということでしょうか。その分、ネットワークの確立性など、安定するかもしれませんが。
 そうなると、断然、モトローラの携帯が有利になってきそうですね。

 まぁ、これを実現するにしても、すぐにではないそうですが。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)