「知らないと恥をかく世界の大問題」/池上 彰

 出来事を分かりやすく解説してくれる池上彰さん。テレビでも大人気で、一大ブームまで巻き起こしたほどの人気を誇る、池上さん。様々な出来事を分かりやすく、丁寧に説明してくれ、見ている側・読んでいる側は「そうだったのか~」とさせられます。
 本書もまさしく、分かりやすく説明されていて、出来事の問題となった背景を知ることができます。

「リーマン・ブラザーズの破綻で始まった世界金融危機。その後、日米ともに政権交代が実現し、金融危機後の新しい世界の在り方が模索されている。そこで、日本はもちろん、世界におけるさまざまな問題点を取りあげ、その中身を理解し、来るべき新しい時代の世界の潮流を読み解く。わかりやすいニュース解説で定評のある、頼れる“お父さん”池上彰さんがズバリ答える。知らないと恥をかく世界のニュースが2時間でわかるおトクな一冊。」

 背表紙にあります、概略を抜粋しましたが、まさしく分かりやすく、頭に入ってきます。日本国内の出来事から世界で起きている事柄まで、様々なテーマを網羅しており、本書を読めば、大まかな部分は分かるのではないかと思います。
 ただし、大まかな部分ということで、表面的な部分は抑えることができますが、深い部分まではわかりません。まさに、世界や日本で問題になっている事柄が、「なぜ問題になっているか」ということが、分かりやすく理解できる、入門編といった感じです。そのため、ある程度知っている方には物足りないでしょう。「その先が知りたい」とか、「池上さんのその先の分析が知りたい」と思うのであれば、物足りません。
 日々の生活に追われたりしていると、どうしても知ったかぶりや、分かっているようで分かっていないことが多くなったりするかもしれません。そんな中、本書はそれを補ってくれるものとなりそうです。

 池上さんが提示してくれたことは、何も分かりやすく、出来事を理解するということだけではないと思います。それは、「複雑に絡み合っているようで、ちょっと視点を変えると、こういう風な分かりやすい部分もあるよ」といったことも伝えているように思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)