警視庁情報官の続編が出た!?

 濱 嘉之氏の「警視庁情報官」の続編が出ました!?

・「警視庁情報官」/濱 嘉之

 1作目を読んで面白かったので、書店で見かけて、買っちゃいました(笑)。
 今回のテーマは「ハニートラップ」。

 本の背表紙にあるあらすじを
「色仕掛けによる諜報活動―――「ハニートラップ」に溺れた日本の要人は数知れず。国防を揺るがす国家機密の流出疑惑を追う警視庁情報室トップの黒田は、漏洩ルートを探るうちに、この「罠」の存在に気が付いたが・・・・・・。「情報は命」そう訴える考案出身の著者が放つ、日本の危機管理の甘さを衝いた警察小説の最前線!」

 読むのが楽しみです!!

 他にも、書店で見かけて気になったのが、
・「M8」/高嶋 哲夫
 東日本大震災で地震に関して強く意識するようになったのですが、この小説もまさに地震がテーマ。それも、東京で起こったら・・・という。本格的にシミュレーションされているというので気になるところ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)