エンターテインメントの最高峰も

 東北地方太平洋沖地震は様々なところに被害をもたらしている。

 我らのエンターテインメントの最高峰ともいえる、東京ディズニーランドも再開未定という状況だ。
 園内の建物に被害はない状態だというが、電力供給が安定しないことなどもあり、営業休止になっている。

 東京ディズニーランド、いや、ディズニーランドは世界中(特に米国、日本)ではエンターテインメントとして大きな存在感であった。
 現在は、東京ディズニーランドは東日本のエンターテインメントの最高峰といえ、西日本にはユニバーサルスタジオジャパンがある。

 これまで、多くの人々を魅了してきた東京ディズニーランド。その東京ディズニーランドがある、千葉県浦安市は震災後、液状化現象が深刻になっている。ディズニーランドの駐車場も被害を受ける。
 そして、ディズニーランド周辺の宿泊施設も大変な影響を被っている。震災の影響、それに伴い、東京ディズニーランドの休園・・・宿泊施設への予約のキャンセルが相次いでいるという。

 楽しみを満喫するディズニーランドなどの施設の復活はいつになるのであろうか?
 私自身、東京ディズニーランドには2度ほど、小さかった頃に遊びに行ったことがある。やはり、東京ディズニーランドというのは、一つのシンボルだと感じる。いってみれば、(現在は東京スカイツリーが日本のシンボルに変わる時期になっているが)日本といえば東京タワーや富士山といった感じで、日本のエンターテインメントといえば、どこか東京ディズニーランドがまず頭に浮かぶ。
 そんな東京ディズニーランドへの思いからか、今回のことは私自身も衝撃だった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)