見えない貯金

 Associe(2011.02.15号)の「和田裕美のキャリアを磨くコミュニケーション作法」がすごく面白かった!

 今回のテーマは「目の前の仕事に全力で取り組み“見えない貯金”をしよう!」というもの。

 仕事でも生活でも、何にでもいろいろなことを経験していきます。
 その中で、見えないところで努力することで、それが実を結び、そこから信頼されることに繋がっていく。
 その見えない努力をすることを、筆者は「見えない貯金」といっています。なるほどね。

 その反面、「見えない借金」もあるそうで、どうやったら得するか、どうサボるかばかりに頭を使っている人。そういう人は自分が借金をしていることに気付きません。
 信頼を得る機会、技術を習得する機会、責任感を身に付ける機会、全てを自ら放棄してしまっている。これが、「見えない借金」だそうです。

 だから、「見えない貯金」をしよう!ってこと。
 ただ、これ、うまくしないといけないとも思います。というのは、できることが普通になっていき、相手もそれに慣れてしまうこともあります。だから、何事も全力投球はいいですが、それだけではぶっ倒れそうです(笑)。

 でも、この視点はすごく面白いと思います。この視点の良いサイクルがなれば素晴らしいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)