読書の仕方

 ブックオフで小説を物色していた時のこと。

 近くに、2人の女性が、小説について、会話していたのが聞こえてきました。
 それで、小説は何度も読んだりする、と片方の女性が話していました。

 私は小説を何度も読むことはあまりしないんですよね。というか、ほとんどありません。
 もちろん、これまで読んできた小説でも、すごく面白かった小説はあって、何冊かは家に残して置いたりします。
 しかし、それでもほとんど読み返したりすることはないんです。
 読書は常に新しい本を読もうとしてしまいます。

 その女性はもう一度、読むことのメリットが、1回目の読書の時にはなかった、詳細な背景がわかったりするのが、新しい発見と語っていました。

 確かに層かもしれませんね。
 それに、1回目で読んで、完璧にその本が分かるということ事態難しいですね(笑)。それを2回目と、何回か読んでいくうちに新しい発見といったり、なぜそうなったかを読む余裕が生まれるというわけです。

 もちろん、その女性も面白かった本に限定だけど、と言っていました。

 という話を傍らで聞いていました(笑)。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)