神保町で古本巡り

 先日、神保町に古本巡りに行ってきました。巡りと言っても、目的のものがありました。

・ジョン・ル・カレ
・ロバート・ラドラム

 上記の特に2人の作家の小説です。
 神保町には何度か来たことがありましたが、まだまだ神保町を知らないな~って感じます。
 いろいろと歩き回っていると、いろんなお店があり、ワクワクしていました。

 そうして、小説を探していたところ、

・「最後の暗殺者(上・中・下)」/ロバート・ラドラム
・「寒い国から帰ってきたスパイ」/ジョン・ル・カレ
・「リトル・ドラマー・ガール(上・下)」/ジョン・ル・カレ

をゲット!ジョン・ル・カレの小説は新品でありましたが、ティンカ~の三部作はなく、残念。
 一方、ロバート・ラドラムの方は、ビックリ!?こちらの方が、ないだろうっと思っていたのですが、中古でありました。しかも、新潮文庫だろうと思っていたのですが、角川文庫から出ていたのには驚きました。あとは、2作目の小説です。

 収穫アリの神保町です。しかし、まだまださがしどころはたくさんありそうで、神保町という街をもっとゆっくりと見てみたいと思いました。

 帰りに地下鉄に乗ろうと地下鉄の出入り口に行ったら、興味深い出口でした。
 どこか、昔の面影が残っているような・・・こんなデザインなのかもしれませんが。

 また来ようと思った神保町でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)