新宿都庁にカラフル映像が投射される!

 11月10日まで開催されていました「アジア大都市ネットワーク21」総会、その開催の前に、新宿都庁第1本庁舎(高さ243メートル)の建物の壁面に、コンピューターで組み合わせた抽象的な映像(カラフルな映像)を投射するライトアップが9日まで行われました。

  

  

  

 時間が経つと、また違ったデザインが投射されて、楽しめます。建物から近い場合と遠い場合で、見た感じが違うのが楽しめる一つのポイントでした。

 都庁の裏側は普通です(笑)。

  

 今回行われた「アジア大都市ネットワーク21」は東京など11都市が参加しており、このネットワークはアジアの大都市に共通する課題の解決を目的に01年に発足。原則年1回、バンコク、デリーなど会員都市の首長らが集まり、今年は9年ぶりに東京で「環境負荷の低減」をテーマに話し合い、開催された。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)