ランニング方法を教わりました

 私は定期的にランニングをしているのですが、ある時、ウォーミング・アップで歩いている時、ある知り合いの人と会いました。その人もランニングしていて、軽い挨拶をしてその時は終わったわけです。

 そうして、ある時、偶然、会う機会があって、「ランニングしてるんだ~~」って話になりました。
 そうして、どれぐらい走るのとかが話題になります。

 そうして、ちょっとしたランニングのコツや方法といったことを教えてもらいました。

 走る時はかかとをつけないように走ること。

 立ち止まった状態で、ランニングをすると、足のかかとが地面につきません。その状態で前に体重をかけると、進んでいくわけで、そのまま、かかとをつけずに前に進んでいくようにすると、疲れにくいそうです。
 さらに、前に体重をかけていくことによって、お腹の辺りに安定の調整がいくことで、腹筋の効果が得られるそうです。

 私はこれまでかかとから入って、つま先で蹴っていくスタイルでした。
 そのデメリットは、疲れやすい。そして、全体重がかかとに集中してかかと辺りの負担が大きくなります。
 さらに、疲れてくると、あごが上がって、姿勢も悪くなり、悪循環で効果的ではないそうです。

 これから、ランニングする際は、教えてもらったフォームを実践しようと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)