ドラマ

 今、見ているドラマは、「カイル」「パーフェクト・レピート」「スペック」「龍馬伝」。

 その中で、「カイル」を見ていて思うのですが、日本でこういう不思議なドラマってあまりないように思います。
 ドラマはそれぞれの国の特徴があるようですね。

 日本はどこか、社会問題というか、そういうことがキーワードになっているように思います。
 だけど、それって、他にも言えるように、つまり、海外ではそれぞれ社会問題を扱っているといってもいい。ということは、一概に社会問題を扱うのが日本とはいえない。

 だけど、思うのは、こういった不思議な部分を、うまくドラマに取り入れて、社会に問いかけたり、楽しませるのは、日本はあまりないように感じます。
 だけど、「スペック」はちょっと入ってるかな。

 だけど、日本とアメリカの違いはドラマの展開にもありますね。「24」にしろ、「プリズン・ブレイク」にしろ、アメリカのドラマのあの緊迫感と、日本の「ブラッディ・マンデー」といったドラマとは、比較すれば違ってきます。
 まぁ、違わないといけないのですが(笑)。
 日本のドラマの良さもあるし、悪いばかりではありませんが。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)