文章を書いて伝えることの大切なポイントが盛り込まれていました、新書『書く力 私たちはこうして文章を磨いた』(池上 彰,竹内 政明)

 文章を書くのは簡単なようで難しいです。

ついに夢の対談が実現!
個性的でありながら、多くの人に読んでもらえる文章の書き方とは?

わかりやすく切れ味のよい文章の第一人者・池上彰さんと、「読売新聞の一面を下から読ませる」当代一のコラムニスト・竹内政明さんは、どのようにして文章を磨いてきたのか。
テーマの決め方、構成方法、稚拙な表現からの脱出法などを、惜しみなく披露する。
作文の魅力がわかり、どんどん文章が書きたくなる一冊!
(本より)」

 文章を書くのは意外と難しいものです。名文や分かりやすい文章で魅力ある文章を書きたいものですが(笑)。
 本書はその問いのヒントになることがいろいろと盛り込まれていました。といっても、どれもこれもすごく新鮮なものばかりではありませんが、当たり前なことでもその意味が分かるように書かれていました。

 そして、言葉の意味だけでなく、その言葉の背景と使い方は単なる技術ではなく、言葉で勝負する重みのある内容についてのことでした。

 池上彰との共著ということで、池上氏の分かりやすさがさらに追加去れていて、読みやすい内容となっていました。

 興味深かった内容は、

・読んでいて「あまり面白くないな」と感じてしまう文章は、ほとんどの場合、構成に工夫が足りないとか、表現力が足りないとかいう以前に、作者自身が「自分はこれから何を書くか」をはっきりと分かっていないから。
 →だから、工夫のしようもない、あるいは工夫の仕方がズレている状態に陥っている。とにかく「書くべきこと」をはっきりさせる。「書くべきテーマ」を明確にするということ。

・文章を書くのが苦手という人の多くは、「要素を書き出す」ということをしていない。
 →だから、テーマ、中身、そして話の流れまで、白紙の状態から全てを同時に考えなくてはいけなくなってしまっている。ラクをしようとするのではなく、ちょっと遠回りに感じるかもしれないが、「材料を書き出す」ところから始めると、結局は早く仕上がる。
 コツとしては、「全部を使わなくてもいい」と思うこと。思いついた要素を全部きれいにつなげるのは、それは当然かなりの技量が必要になる。最初は「これは使えるかな」と思った文章でも、うまくつながらないなと思えば、それは使わなければいい。

・何度も何度も、「こっちの文を先に持ってきたほうがいいか、いや、やっぱり後回しか」と、切り貼りを重ねることで、何とか「読める文章」になっていく。

・原稿に必要な部品は自然と目の前に現れるのではなくて、自分から「探しにいく」ということ。

・自分の中でよく分かっていない言葉を使うというのは、やっぱり気持ちの良いものではない。
 →「言い換えればいい」ということでもない。カタカナ語を日本語に書き換えればいいということでもない。言い換えたところで、それで腑に落ちていなければ、意味がない。
 「伝わらない」というのが、一番まずい。「伝わらない」文章というのはだいたいにおいて、自分でもよく分かっていないことを、自分でもよく分かっていない言葉で書こうとする時にできてしまうもの。もっと単純に、「分かりにくい文章を書いている人は、その物事についてよく分かっていない」と考えています。自分でも内容を十分に理解できていないから、文章が整理できない。結果として、読者にとっても分かりにくい文章になっている。

・文章というのは、自分が本当に分かっていることを、自分の言葉で書くのが基本。
 →背伸びをしないで、ありのままで書くのが、「読者を惹きつける文章」への近道。

・「好きな表現」というのは、自分にとって「便利」だから使ってしまう表現にすぎなくて、その文章にとって最適な表現ではないことも多い。
 →響きが綺麗で、文章が締まるからよく使っていることでもなく、ただ、自分がラクできるから使っている。ラクをして、いい文章なんて書けるわけがない。だから、「好きな表現=便利な表現」だとすれば、「好きな表現=使ってはいけない表現」ではないか。

・文章がうまくなるためには、とにかく、たくさんの本を読むことが必要。
 →まずは、その中から自分が「ああ、これは好きだな」と思う本を見つける。さらに、「自分はなぜその本を好きかだと思ったのか」「自分はなぜこの文章を良い文章だと思ったのか」を自分なりに分析してみる。こうした行動の積み重ねが、今の自分の原稿書きの栄養分になっている。

・文章というのは、一方通行ではない。必ず読者が読んでくれて成立する。自分の書いた表現で読者が何を思うか、読者がどのような行動に出るか、考えながら書くことが大事。

・一つの言葉を覚えたら、それで満足してしまうのではなく、できるだけ多くの表現を覚えること。
 →「どの表現がその場において最適なのか」を考える。これを繰り返すことで文章の腕は上がる。

・一般の方が文章を書く時は、ほとんどの場合、現場に行って取材したり、専門家に意見を聞きに行けるわけでもない。原稿を書く時間も限られているので、十分な取材は望むべくもない。そういう時は、「他人」に取材するのではなくて、「自分」に取材する。
 →自分に対して、「なあ、お前はどう思う? あっちが悪いのかね、こっちが悪いのかね」という具合に、聞いてみる。まれに「言い切ってしまう」ケースがあるとすれば、取材相手である「自分の感情」が確固として揺るぎない時。
 そういう意味では、インパクトのある文章を書く時、「自分は何を主張したいのか」を把握しておくことは欠かせない。もう少し踏み込んで言えば、「自分がどうしても譲れないところ」を明確にしておく。そうすることで、特に気負った激しい書き方をしなくても、自分と「ここはこうだ」と言い切ることができる。本当の意味で、力のある文章というのは、そうして生まれるもの。

・原稿を書いている時というのは、どんなに冷静なつもりでも、やっぱり興奮している。冷却期間が必要。

・同じ文章を繰り返し書き写せば書き写すほど、「いい発見」が出てくる。
 →読むだけなら、すっ飛ばしても読めないことはないが、書き写すとなると、一字一句追っていくことになる。まずこれが文章修練には効きます。名文を一字一句追ってみると、自分がいかに手抜きをして書いていたかを思い知らされる。
 何度も何度も同じ個所を書き写していると、ふと元の文章を見ないのに、先が書けてしまう時がある。けっして「丸暗記」しているわけではないのに、「この流れであれば、こうなるだろう」というのが自然と見えて、筆が勝手に動いてしまう時がくる。ただ、元の文章を確認してみると、ほとんどの場合は、「元の文章とは違う自分の文章」を書いてしまっている。それでいい。別に試験勉強をしているわけではないから。元の文と照らし合わせてみると、「ああ、ここは動詞で書いてしまったけど、元の文章は体言止めにしていたんだ」と気づく。これが大事。
 ここまできて初めて、この作家がどんな工夫をして文章を書いていたかということや、自分のクセが浮き上がって見えてくるわけ。なんとなく、人の文章を読んだり、自分で書いたりしていても、こうした「発見」は難しい。

・いい言葉を一つでも仕入れると、その前後がいかにも駄文というのは、具合が悪く感じられる。
 →一つのいい言葉を活かすために、他の部分の表現も自然と工夫するようになる。こうして文章全体のレベルが上がっていく。

・文章の執筆には、「書く力」だけではなく、「読む力」もとても重要になってくる。
 →文章を書く人は、自分の文章を書きながら、同時に、自分の文章を読んでいる。その時に、「読む力」があれば、より綿密な推敲ができるようになる。だから、名文を読むことで、「この文章のどこがうまいのか」「どのような技巧が凝らされているのか」を考えてみることが大切。

・文章を書く「いろは」があるとして、その「い」のところは、「書く」ことではなくて、「自分が興味を持って続けられる良い文章を見つける」ことかも。

・読んでいる文章の内容が頭に沁み込む速度は、多くの場合、活字を目で追う速度よりも遅い。
 →中身を咀嚼しないうちに目だけが先走ってしまい、何行か前に戻って読み直す仕儀となる。

7/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)