DAYS JAPAN写真展2017「地球の上に生きる 世界の未来をつくるために」を見に行ってきました。

 5月21日(日)、三軒茶屋生活工房(東京都世田谷区)で開催されている、DAYS JAPAN写真展2017地球の上に生きる 世界の未来をつくるために」を見に行ってきました(写真展は5月20日(土)から6月11日(日)まで開催)。

 83か国、10,000点以上の応募作品があったそうです。写真展には、受賞作品約65点と、歴代の受賞作から自然災害をテーマに撮影された写真を集めた特別企画も同時開催されていました。

 1位の「イラク軍特殊部隊とISとの攻防」(ローレン・ファン・デル・ストック/ル・モンド)の写真は、緊張感、緊迫感を強く感じさせる写真ばかり。
 その他の受賞作品には、未来を担う子供たちが被害を受けている写真なでもあり、痛ましい内容の写真がありました。

 同時開催の特別企画は「フォトジャーナリストが伝える世界の自然災害と人々」。

 「地震」、「干ばつ」、「台風」、「水害」をテーマに写真が展示されていました。
 その他、世界自然災害地図現象別世界自然災害被害状況(2015年)といった地図や表も紹介されていました。

【開催概要】
「DAYS JAPAN写真展2017 地球の上に生きる 世界の未来をつくるために」
・会期:2017年05月20日(土)~2017年06月11日(日)
・時間:11:00~19:00(最終日は17:00まで、月曜休み)
・会場:生活工房3Fと4F(〒154-0004東京都世田谷区太子堂4-1-1キャロットタワー内)
・展示:DAYS国際フォトジャーナリズム大賞受賞作品
・3F生活工房ギャラリー(会期中無休:9:00~20:00)では写真展『フォトジャーナリストが伝える 世界の自然災害と人々』を同時開催

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)