日大三の流れだったがクライマックスに帝京も大反撃、春季東京都高等学校野球大会準決勝「日大三 – 帝京」

 明治神宮第二球場(東京都新宿区)で4月23日(日)、春季東京都高等学校野球大会準決勝日大三 – 帝京」が行われました。

 試合開始10分前に球場に入りました。2階席はやはりいっぱいでしたが、3階席も結構埋まっていました。正直、試合の後半は満員かと思うぐらい多くの人が来ていまして、昨日の「国士館 – 早稲田実業」の試合より多かったように思いました。

 日大三が先行、帝京が後攻。
 試合は、1回から動きました。1回表の日大三の攻撃、金成選手が2ランホームを放ち、2点先制します。
 帝京もその裏の1回裏、ランナーを2塁にしますが、0点に抑えられます。

 2回は日大三、帝京も三者凡退で0点に抑えられます。
 3回表の日大三の攻撃は、1アウトでランナー1・3塁にするも、ゲッツーで0点に抑えられ、3回裏の帝京は3人で0点に抑えられます。
 4回表の日大三の攻撃も3人で0点に抑えられます。

 しかし、ここで動きました。帝京は4回裏、ランナー1・3塁とし、エラーで1点を返し、1 – 2と1点差にしました。
 日大三はすぐに点を取り返します。5回表、ランナー2塁で2塁打で1点追加。さらに、ランナー1・3塁で金成選手のヒットで1点追加し、4 – 1と3点差に引き離します

 そこからは5回裏の帝京、6回表の日大三ともに、三者凡退で0点。

 帝京は6回裏、佐々木選手のソロホームランで1点返し反撃に出ますが、ランナー2塁にするも抑えられます。4 – 2と日大三が2点リード
 7回表の日大三の攻撃。帝京はピッチャーを松澤投手になりますが、ランナー2・3塁とされ、日大三の櫻井選手(投手)にヒットを打たれ、1点を追加されます。さらに、ランナー1・3塁で金成選手のヒットで1点追加。ランナー2・3塁で、フォアボールで満塁のピンチになりますが、ピンチを切り抜けます。
 7回裏の帝京は三者凡退。
 日大三は8回表、ランナー2塁で、ヒットを放ち、2塁ランナーがホームへと走ってきますが、外野からの好送球でアウト!? 好プレーは会場を盛り上げますね。打ったランナーは2塁へ。その2塁のランナーはエラーで3塁へと。そこからフォアボールでランナー1・3塁になります。ここで帝京はピッチャーを大胡投手に交代しますが、日大三の櫻井選手は長打・3塁打を放ち2点追加し、8 – 2と帝京をさらに突き放します

 この展開に帝京はかなり厳しくなりましたが、8回裏に帝京が大反撃に出ます。
 ランナー1塁で佐々木選手が2ホームラン(2打席連続ホームラン)を放ち2点を返します。さらに、連打でランナー2塁としたところで、日大三はピッチャーを岡部投手に交代。しかし、2塁のランナーが3塁へと走り、キャッチャーからのサードへの送球が取れず、ランナーはホームへと、、、1点返します。さらに、4番の田中選手がソロホームランで1点返し、8 – 6と2点差に詰め寄ります!?
 しかし、日大三も負けてはいません。9回表、6番日置選手がソロホームランで1点追加し、9 – 6と帝京を突き放します

 それでも試合は最後までわからない展開を繰り広げました!
 9回裏の帝京の最後の攻撃。ランナー1・2塁でヒットで1点を返し、帝京は再び2点差に詰め寄ります。そこからランナー1・3塁とし、日大三の守備のエラーで1塁ランナーが2塁へと進み、ランナー2・3塁とします。この時、2アウトでしが、バッターがホームランを打てばサヨナラ逆転ホームランに、長打・ヒットを打てば同点の場面と、一瞬一瞬に会場はドヨメキが起こる緊迫した場面でしたが、最後は三振でゲームセット

 「9 – 7」で日大三が勝利しました。

 後半までは日大三の流れでしたが、クライマックスで帝京の大反撃が繰り広げられ、緊迫した試合の雰囲気が楽しめました。最後の打者との勝負は見ていてハラハラドキドキものでした(笑)。
 夏の帝京が期待できる試合でした。日大三、やはり強かったです。前大会の東京大会でも決勝、選抜も履正社との対戦で惜しくも負けてしまいましたが、試合は白熱した展開でした。やはり強かった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)