打ち合いになったが、クライマックスの早実の大逆転劇が凄かった! 春季東京都高等学校野球大会準決勝「国士舘 – 早稲田実業」

 明治神宮第二球場(東京都新宿区)で4月22日(土)、春季東京都高等学校野球大会準決勝国士舘 – 早稲田実業」が行われました。

 早実の清宮選手への注目もあるのでしょう、多くの人が球場に足を運んでいました。

 国士舘は、前試合の関東一戦でも見せた攻撃力が光りました

 先行の国士舘が1回表にいきなり5得点先制するスタートでした!? 1回表の国士舘、1アウトで4点先制し、早実はピッチャー交代。そこからさらに国士舘は1点追加しました。
 しかし、早実もすぐに反撃し、2点を返します

 2回表、国士舘はソロホームランで1点追加し早実を突き放します。
 今度は早実の清宮選手が特大ソロホームランで1点を返します。この時点で、6 – 3で国士館がリード

 5回表、国士舘は早実のエラーで1点、ヒットで1点と、2点追加し、8 – 3 と再び5点差リードとします。
 前半は5点差で早実は厳しい状況で後半戦を迎えることになりました。

 6回表の国士舘の攻撃。早実は守備での欲が裏目に出てしまい、ノーアウト満塁のピンチに陥りますが、フライ(1アウト)、ゲッツー(2アウト)でピンチを乗り切りました
 ピンチを乗り切った早実はその裏の6回裏、3ランホームランで2点差に追い上げ、試合は分からなくなってきました。その後、早実は満塁にしましたが、国士舘はここを抑えました。この時点で、8 – 6と国士舘が2点差リード

 早実は7回裏、2塁にランナーを進める展開でしたが、0点に抑えられます。
 しかし、早実の8回裏の攻撃が凄かった! 満塁のチャンスの早実に、国士舘はデッドボールで1点押し出し!? さらに、代打の福嶋選手が満塁ホームランを放ち、8 – 11と逆転しました!? 早実の猛攻は続き、さらに、1点追加国士館は守備でフライを落としてしまい、早実は2点追加
 さらに、その後2ランホームランで、8 – 16と8回裏でコールドゲームとなり、早実の勝利になりました。

 8回裏の早実の怒涛の攻撃が凄かったです。
 まさか、前半の国士舘の攻撃力で、5点差をつけられ、早実は追い上げるも再び5点差つけられてからの、早実の逆転勝利という展開はビックリものでした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)