追いつき追われる打撃戦だった、春季東京都高等学校野球大会準々決勝「国士舘 – 関東一」

 明治神宮第二球場(東京都新宿区)で4月16日(日)、春季東京都高等学校野球大会準々決勝国士舘 – 関東一」が行われました。

 第1試合の「帝京 – 東京実」が終わって、第2試合の「国士舘 – 関東一」から観戦しました。

 球場に入った時には、1回裏の国士舘の攻撃時で、既に1回表に関東一が4点先制していました。

 3階席から観戦することに。
 4点先制した「関東一の一方的な展開になるのかな」って思ったら、3回に国士舘が同点に追いつく展開で、流れがまだまだ分からない展開に。

 攻防が繰り広げられつつ、流れは「国士舘よりかな」って感じで展開。5回裏の国士舘の攻撃。1アウト1塁ランナーでゲッツーでチェンジになるかと思いきや、走塁妨害となり、国士舘の攻撃が再び・・・・・・。そこからは国士舘の流れになっていきました。

 試合は打撃戦となり、関東一も追い上げ1点差に詰めますが、終盤エラーで点差を広げられて、試合終了。

 結果は、「10 – 7」で国士舘の勝利になりました。

 ちなみに、 第1試合の「帝京 – 東京実」は、帝京が「7 – 0」で勝利

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)