今年も様々な万年筆が集結した、「第8回 丸善 世界の万年筆展」

 3月3日(金)、日本橋丸善(東京都中央区)で開催されていました「第8回 丸善 世界の万年筆展」(3月1日(水)から7日(火)まで開催)に行ってきました。

 様々なメーカーが揃う万年筆展で、新作や限定の万年筆やインク、定番の万年筆と一緒に見ることができ、試し書きもできました。

 割引価格で手に入る万年筆もあり、欲しくなりましたが、何とか何も買わず帰ることに(笑)。50%offとかもあるので、この機会は貴重です。

 「第8回 丸善 世界の万年筆展 記念」として、「丸善・日本橋店 オリジナル万年筆袋」というものがありました。2万5千円(税抜き)と1万円(税抜き)の万年筆袋があり、万年筆と他にいくつかの文房具関連が入っている袋。
 私が行った時は、1万円の万年筆袋は完売で、2万5千円の万年筆袋は少し残っていた状態でした。

 1日から7日まで、万年筆関連のイベントもあるみたいです。

 私が行った時は、パイロットのところで、老人夫婦の男性がグランセ(ブラック)の恐らくFMかMあたりを試し書きされていて、その動作がすごく自然な感じでかっこよかったです!(笑) すごく絵になってかっこよかった!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)