いい感じの微妙なつながりがスパイスになった、小説『首折り男のための協奏曲』(伊坂 幸太郎)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)