ペリカンにこんなにハマるとは思っていなかった(笑)。

 高級ペンといえば「モンブラン」!

 はじめ、私はそう思っていました。
 それに、はじめはボールペンにしか興味がありませんでした。それが今では「万年筆の方が!」ってなっています(笑)。
 それでもボールペンも万年筆もやはり、モンブランが一番だとは思っています(笑)。

 万年筆に本格的にハマり始めると、他のメーカーもちょっとずつ気になり始めました。手帳に書くには細字がいいため「ペン先の細い万年筆がいいな」と考えると、国産の万年筆ではないと厳しくなってきます。そこで、国産の万年筆が気になり、パイロットプラチナセーラーっと。
 その他にも安い万年筆(数千円)とか・・・・・・パイロットのプレラコクーン無印良品の万年筆などなども買ったりして、今では約20本(ボールペンも加えるとさらに、笑)ほど持っています。

 それでも、高級ペンはやはりモンブランでした。
 ただ、モンブランはどうしても「高級」というイメージが強いです。その分、「大切に扱わないと!」っとなりがち(実際に高い、笑)なので、ラフに使う用みたいな感じで手を出したのがペリカンでした。
 そこから、ペリカンの万年筆にちょこちょこと手を出していったわけで、今ではペリカンの万年筆を一番多く持っているようになりました(笑)

 ペリカンの万年筆は、
M805 ブラックストライプ
M600 ボルドー
M405 ブルー
M400 緑
M200 デモンストレーター
計5本持っています。
 それに加え、K405 ブラックストライプのボールペンも(笑)
ペリカンにこんなにハマるとは思っていなかった(笑)。
 ペリカンを使っていて思ったのは、ペンが軽いこと、そしてラフに使ってもしっかりしていると感じました。
 雰囲気の重みはモンブランですが、ペリカンの雰囲気はお洒落さを感じるのが特徴だと思います。

 今でもモンブランは「ベスト!」だと思っていますが、ペリカンも私の中ではお気に入りのペンになっています。むしろ、ここまで、ペリカンが気に入るとは思っていなかったので、私自身にビックリもしています(笑)。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)