ジ~ンと熱い想いを楽しめた映画「信長協奏曲(のぶながコンツェルト)」

 ドラマでスタートして映画でフィニッシュ。ドラマは面白く、映画も面白かった!

戦国時代にタイムスリップした歴史が苦手な高校生サブロー(小栗旬)は、自分と顔が酷似した織田信長(小栗旬)と遭遇する。武将の座を投げ出したいと考えていた彼と入れ替わったサブローは、知らず知らずのうちに史実の信長と同じ道を突き進んでいく。安土城を築き上げ、妻・帰蝶(柴咲コウ)から慕われ、恒興(向井理)をはじめとする家臣からの信頼が厚いサブロー。明智光秀を名乗って生きる信長は、そんな彼に嫉妬し、憎しみを抱くように。やがて信長は、本能寺で帰蝶との結婚式を挙げるサブローを亡き者にしようとするが……。
(Yahoo!映画より)」

 ドラマから感じていた心にジ~ンとくる熱いモノが、映画でも健在で楽しめました。
 物語のテンポもよくて、あっという間に映画が終わってしまいました。

 ドラマから物語は続いているので、ドラマを見てからじゃないと楽しめないと思います。

 織田信長と入れ替わったサブローは、織田信長が暗殺される運命とどう向き合っていくのか? 物語を見ていて、暗殺されない展開にならないか? っと感情移入するほどでした(笑)。

 私はこの映画結構面白く感動でき、楽しめました。

7/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)