都会的なカッコイイお洒落なデザインが楽しめる「MoMA DESIGN STORE」

 都会的なデザインが楽しめる「MoMA DESIGN STORE」(東京都渋谷区)は、表参道駅から、そして明治神宮前原宿)駅からは約5分のところにあります。
都会的なカッコイイお洒落なデザインが楽しめる「MoMA DESIGN STORE」1 都会的なカッコイイお洒落なデザインが楽しめる「MoMA DESIGN STORE」2
 雑貨生活関連、文房具などがあり、どれもちょっと面白いシンプルでカッコいい都会的なデザインのモノがあり、見ているだけで楽しめます。

 面白いデザインなので、使い勝手はどうなんだろうって思うのもありますが、部屋にあるといい感じの刺激になりそうです。

 HPの方に、MoMA DESIGN STOREについて、いろいろありました。

MoMAの理念

The Museum of Modern Art は想像力を刺激し、心を燃え立たせ、
そしてインスピレーションを与える場所です。
素晴らしい展覧会、そしてモダン・コンテンポラリーアートの世界最高のコレクションとともに、
MoMAは、過去と現在、確立されたものと実験的なものの間の対話に力を注いでいます。
私たちの使命は、あなたがモダンアートを理解し、楽しむのをお手伝いすることです。

Mission Statement(理念)
The Museum of Modern Art (MoMA)は、1929年に教育機関として設立され、世界で最も重要な美術館となるよう献身し続けています。 The Museum of Modern Artの使命を、理事や、職員の指揮のもと、ここに明示するものとします。

The Museum of Modern Art の使命
    モダン・コンテンポラリーアートの生命力、複雑性及び展開を示すにふさわしい、永久収蔵品の制定、及び、その保存、記録
    高品質な展覧会や教育プログラムの実施
    ライブラリ、アーカイブ、国際的に認められる保護研究所としての役割の維持
    奨学金と、特に知的価値の認められる出版物の支援

MoMAの使命の中核を成すものは、多様な地域、国内、更には国際的な聴衆によるモダン・コンテンポラリーアートに対する、より深い理解と喜びを奨励することです。

※使命達成のための、The Museum of Modern Artの認識 / 前提条件
    理想と好奇心の探求から始まったモダン・コンテンポラリーアートは、19世紀後半から今日まで続く、新しくも芸術的な伝統を生み出したということ。
    モダン・コンテンポラリーアートは、時代の芸術的な問題を反映し探る表現 ―― 絵画、彫刻、素描、印刷物、絵本、写真、建築、デザイン、そして映画やビデオだけでなく、まだ発達しておらず理解されていない新しい形など、視覚的表現のすべてを含むということ。
    視覚的表現のこれらの形は、終わりがない一連の議論と反論であり、それは展覧会や展示を通して探られ、美術館の多様な所蔵品に反映されているということ。
    が、設立された理想を尊重し、不可欠な存在のまま現在まで関与するものであるなら、コンテンポラリーアートとそのアーティストの重要性を主張することが大切であること。
    コンテンポラリーアートへのこの取り組みは、モダンアートの伝統への理解の深まりをより活気づけ、周知させることであること。
    この分野での第一線であり続けるためには、優秀な専門職員を有し、洞察力、想像力、そして知性のある新しいアイデアやイニシアチブに対応しつつ、定期的に自身への再評価が必要であること。そしてその再評価のプロセスは美術館の伝統により義務付けられており、開放性、そして変化と進化を厭わない姿勢を促すものであること。

これを総じて、The Museum of Modern Art はモダン・コンテンポラリーアートの問題に敏感な環境の中で、学者から幼児まで一般に広く公開されながら、確立されたものと実験的なもの、過去と現在の間の対話を作り上げるように努めるものとする所存です。

MoMAの歴史

1920
1920年代後半、当時最も進歩的で影響力の強かった、リリー・P.ブリス(Miss lillie P. Bliss)、アビー・オルドリッチ・ロックフェラー(Abby Aldrich Rockefeller)、メアリー・クイン・サリバン(Mary Quinn Sullivan)の3人の芸術の後援者たちは、従来の美術館の保守的な方針に意義を唱え、特に近代美術だけに専心する施設を設立する必要性を主張しました。やがて1929年にMoMAが創設(5番街と57丁目の角)されると、初代館長のアルフレッド・H.バーJr.(Alfred H.Barr, Jr.)は、MoMAを、大衆がヴィジュアルアートを理解し楽しむために尽力しました。
ニューヨークに「世界で最も優れた近代美術の美術館」ができたのは、これら先人達の努力によるものなのです。
初代館長バーは、1932年には美術館の着想と編成の計画を提起。その結果、絵画/彫刻、ドローイング、版画/絵本の部門に加えて、建築/デザイン、映画/ビデオ、写真の部門が世界で初めて作られ、MoMAの複数部門の構造ができあがりました。当初モダンアートは大衆に受け入れられず強い抵抗がありましたが、その後10年間にMoMAは3度の移転で次第に大きな区画へと移り、ついに1939年に、現在の敷地の一部であるミッドタウン(西53丁目11番)の建物に移転。1950~1960年代に実施された拡張計画に起用された建築家のフィリップ・ジョンソンは、アビー・アルドリッチ・ロックフェラー彫刻庭園も設計しています。1984年にはシーザー・ペリの設計による大規模な改築でギャラリーの空間が倍に広がり、来館者用の施設が充実しました。

1989
1989年、西53丁目44番地にMoMAデザインストアーがオープン。1996年には将来の更なる拡張を見据え、隣接する西54丁目のドーセットホテルと2件のタウンホテルを取得。そして1997年、新しいMoMAの建築家を選ぶコンペで日本人建築家、谷口吉生が選ばれ、新生MoMAプロジェクトが始まりました。
2000年に、世界で最も古く、大規模で、且つ最もカッティングエッジ(進歩的)な現代アートを振興する集団、P.S.1コンテンポラリーアートセンターと提携したことで、より幅広く現代美術愛好者へアプローチすることが可能になりました。2000年と2005年、PS1とMoMAのコラボレーション企画「Greater New York」展ではNY地区の新進アーティストのモダンアートを紹介し、大きな成功を収めました。この年、マンハッタンではMoMA建築プロジェクトの取り壊し作業が始まっていました。2001年に第二の路面店・MoMAデザインストアーがソーホースプリングストリートに、2002年にはクイーンズに改装中の一時的な拠点として、2004年9月27日までMoMAQNSがオープンしました。

2004
2004年11月、ついに2001年から始められた大規模増床工事が終了し、MoMAは再びマンハッタンに戻り、リニューアルオープンしました。谷口吉生氏の設計によって、以前の施設のほぼ2倍の収容力を持つ、58,530平方メートルの美術館に生まれ変わりました。敷地の西側の、新しい6階建てギャラリービルディングは、メインの展覧会ギャラリーを擁し、敷地の東側に位置するMoMA初の独立した教育研究センターは、教室・講堂・教員養成ワークショップ・図書館とアーカイブのスペースが従来の5倍になりました。この2つの建物が、拡張されたアビー・アルドリッチ・ロックフェラー彫刻庭園を囲むカタチで配置され訪れる人を魅了しています。

MoMA STOREとは
ニューヨーク近代美術館(MoMA)は、独創的な展示と、世界最高峰の近・現代美術のコレクションを有することで知られています。現代という時代を見据えた美術館として1929年に設立され、1932年にはアートの美術館として初めてキュレーターが常駐する建築&デザイン部門を創設、20世紀半ばまでには、「グッドデザイン」を定義しその価値を広めるという先導的な役割を担うようになりました。

その美術館の教育における使命の一環として、MoMA Design Store は最新の素材や製造方法、デザインコンセプトにおいて秀逸なプロダクトを世界中から厳選し、グッドデザインを提言しています。全てのプロダクトは、MoMAのキュレーターにより選定され、その中には実際に美術館のコレクションとして収蔵されているもの(MoMAコレクション)、MoMAでしか手に入らないもの(MoMA限定品)、MoMAのためにデザインされたもの(MoMAロゴ)などが多数含まれています。

大切な人への斬新で楽しいギフトに、またご自分の生活に潤いをもたらすアイテムとして、MoMA Design Store でのお買い物をお楽しみください。
(HPから)」

 シンプルな部屋にあうモノばかりで、それがまた都会的な洗練されたデザイン。

 店内はまさにオシャレな空間で、都会的な雰囲気を感じさせるものでした。

<お店の概要>
MoMA DESIGN STORE
・住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3F
・営業時間:11:00~20:00
・定休日:年中無休(GYREビルに準ずる)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)