「普通」とは? 考えるいいきっかけになる、小説『コンビニ人間』(村田 沙耶香)

 考えさせられる物語でしたが、物語の構成はちょっと物足りない感じでした。

小説『コンビニ人間』(村田 沙耶香)

第155回 芥川賞受賞
コンビニこそが、私を世界の正常な部品にしてくれる――。

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。
日々食べるものはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが・・・・・・。

「普通」とは何か? 現代の実存を軽やかに問う衝撃作
(小説の帯より)」

 物語はシンプルですが、考えさせられる内容でした。
 読みやすい内容でしたが、物語の展開はちょっと物足りない感じでした。

 帯にもありましたが、「普通」というのを考えさせられました。
 主人公はちょっと変わった人物ですが、その人物がコンビニの仕事について、いろんなプロ仕事的な感覚には「すごい」と読みいらさせられました。

 ただ、そこからある男性と出会い、巻き込まれていくのですが、その後の展開がどこが「あれっ?」と物足りない感じになってしまったのは残念でした。

 それでも、「普通」ということを考えさせてくれる物語は楽しめました。

4/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)