ブルーブラックインクがお気に入りインクに

 以前は文字を書く際にはボールペンでしたが、万年筆にハマりだしてからは仕事以外では万年筆の比重が高くなりました。

 ハマる前は万年筆の良さが分からずに、むしろ「どこがいいのか?」と思うほどで、機能性にしろ機動性にしろボールペン一択だと思っていたほどです。
 最近のボールペンは、(文字のインクは)耐水性に優れ、ハードに扱っても壊れにくい。一方の万年筆は、インクは主に水性で(顔料インクもありますが)水に弱く、本体の扱い、特にペン先は慎重さが求められます。
 しかし、万年筆の良さを感じ始めハマり始めると、その万年筆の面倒さがどこかいい感じに受け止められるようになり、今度は筆記の際は「万年筆!」てなるほどに(笑)。

 その万年筆ですが、様々なインクの色で書けるということが一つの特徴で醍醐味でもあります。
 万年筆にハマり始めの頃は、パイロット深海を愛用していました。ブルーとグレーの濃い感じで深さと重みなイメージでいい感じ。しかし、しばらく使っていると、「ブルーブラックに統一しよう」っと考えるようになりました。
 ブルーブラックは、「万年筆といえば、ブルーブラック!」といってもいいぐらい、万年筆を代表するインクの一つだといえると思います。
 そのブルーブラック一つの色だけでも、メーカーによっては微妙に違っていたりしますから、インク選びは大変だったり(笑)。私としては結構理想に近かった、ペリカンブルーブラックに統一することにしました。
 ただ、深海のインクも残っているので、パイロットプレラコクーンには深海を入れて使うことに。ちなみに、モンブラン純正インクを使用しています。

 そんなことで、万年筆ではブルーブラックで書くようになり、その影響もあってか、ボールペンもブルー色を愛用するようになりました(笑)
 ブルー色を使う前に一考察したところ、ブルーで書くことのメリットがいくつかあがってきました。
1:資料などに文字を書く際、資料に書いてある黒色文字と区別しやすいこと
2:黒色だとどこか完結というか思考停止というか、そんな印象を受けやすいが、ブルーで書くことで考えやすい傾向に(あくまで、そういったイメージがあるみたいなことをどこかで読んだ気がする、笑)→なので、本当かどうかはわからない、笑
など。ちなみに、パイロットのフリクションペンは、ブルーブラック色を愛用しています。

 万年筆の影響で、ブルーブラックを愛用することが多くなったわけですが、(高級)ボールペン(や一般的なボールペン)はブルーはあるんだけど、ブルーブラックはあまり見かけなかったりするのが残念でありません(笑)。様々なインクの種類を出しているボールペンはあったりするんですが。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)