DAYS JAPAN写真展2016地球の上に生きる「世界の未来をつくるために」

 6月5日(日)、世田谷文化生活情報センター 生活工房(東京都世田谷区)で開催されていた、DAYS JAPAN写真展2016 地球の上に生きる世界の未来をつくるために」に行ってきました(写真展は5月28日(土)から6月19日(日)まで開催)。
「世界の未来をつくるために」2 「世界の未来をつくるために」1
 今年は74か国から1万点以上の写真が応募されたそうです。
「世界の未来をつくるために」3
 今年は難民問題が深刻な問題となりました。その難民問題を取り上げた写真が大賞1位でした。
 その他にも、パレスチナの紛争問題、IS問題など様々な問題を取り上げた写真が受賞していました。
「世界の未来をつくるために」4 「世界の未来をつくるために」5
 世界にはまだまだ紛争問題は残っており、その他にも差別や様々な公害など様々な問題が残っています。様々な問題が存在する中、身近ではなければ知らなかったりすることも多く、こうした写真展はそうした問題を知る上では重要な機会の場になります。
 そして、一見遠い存在のように感じる問題も実は繋がっており、私たちに影響を与えるといったこともあります。世界で不安定な地域は、まわりにまわって私たちの身近なところも不安定になる、といったこともあながちないとはいいきれません。

 世の中のことを考える、世界のことを考えるということは、私たちの国や身近な生活、そして、自分自身を考えることにも繋がっていくように感じます。
「世界の未来をつくるために」6 「世界の未来をつくるために」7 「世界の未来をつくるために」8 「世界の未来をつくるために」9 「世界の未来をつくるために」10 「世界の未来をつくるために」11 「世界の未来をつくるために」12
 生活工房ギャラリーでは関連展示として「難民問題を考える」が展示されていました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)