ゲームのキャラクターの世界の舞台裏を楽しめた、映画「シュガー・ラッシュ」

 ゲームの世界の舞台裏を物語にしたというのがすごく面白かった!

「アクション・ゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の敵キャラを30年間も演じているラルフ。人々から嫌われている状況にうんざりしていた彼は、自分のゲームの世界を抜け出してお菓子だらけの世界でレースが繰り広げられるゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界へ。そこで彼は、仲間外れにされてレースに出ることを禁止されている少女ヴァネロペと出会う。お互いに孤独を抱えていた彼らは意気投合し、友情を深めていくように。だが、違うゲームのキャラクター同士が遭遇することはゲーム世界のおきてに背く行為であり……。 (Yahoo!JAPAN映画のあらすじより)」

 昔、よくゲームをして遊んだものです(笑)。そのゲームの舞台裏は実はこんな感じになっている、というのでも楽しめました。
 舞台はゲームセンターで、ゲームセンターの営業が終わると、ゲームに登場するキャラクターたちは、それぞれのプライベート時間になる。キャラクターたちも私たちと同じように、仕事とプライベートがあり、そこから物語が発展していくのが面白かった。

 登場するキャラクターたちも、有名どころが登場していたりして、身近に感じることができる物語で楽しめました。
 そして、それぞれが悪役やヒーロー役など役回りを演じているというのが面白い。つまり、ゲームをしている側を楽しませるために演じているのが仕事ですね。
 そして、それぞれに悩みがあり、今作では悪役のラルフが、悪役であることやプライベートの環境で悩み、そこから物語が発展していきました。物語の展開はリズミカルで、次の展開が気になり、あっという間でした。

 物語も様々な要素が盛り込まれているのがすごい! 友情、愛情、悩み、挑戦、夢と役割の大切さなど、これは見ている私たちの人生にも当てはまります。
 ラルフと違うゲームで出会うヴァネロペの関係の行方は、「もうちょっと見たかったな~」って思いつつ、いい感じにまとまってもいたと思います。
 ゲームのキャラクターたちが、私たちが楽しく遊べるために、いろいろ試行錯誤しているというのが分かりました(笑)。と、そんな設定だったらという発想が面白い。

 大切な要素がたくさん盛り込まれているけど、うまくまとまっていて、大人も子供も楽しめる作品だったと思います。

8/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)