マドンナの悩みに寅さんの熱い想いでひと押しが魅力的だった、映画「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎」

 松坂慶子がすごくきれいでした!(笑)

「 葛飾柴又生まれの江戸っ子寅さん(渥美清)は浪速のノリと肌が合わないようで、そのせいかこれまで大阪が主な舞台になることはなかった『男はつらいよ』シリーズだが、この第27作は大阪の地で初めて寅さんの恋模様がしっとりと繰り広げられていく。
 ここで彼が惚れてしまうのは芸者ふみ。そのマドンナを好演する松坂慶子は冒頭の夢“浦島寅次郎”で乙姫様を演じ、瀬戸内海小島での寅さんとの出会いでの清楚な佇まい、大阪での艶やかな芸者姿と、その多彩な魅力を前にして寅さんはすっかり大阪びいきに!? そして二人の繊細でスリリングな駆け引きの果て、最後に寅さんが吐く言葉にもご注目を。これもシリーズ始まって以来の異例の事象である。また、今回からさくら(倍賞千恵子)の息子・満男役で吉岡秀隆が登場。彼の成長もまた、今後のシリーズでお楽しみの一つとなっていくのだ。
(DVDのパッケージより)」

 今作のマドンナは松坂慶子。すごくきれいでしかも性格もいい感じ。寅さんが惚れてしまうのもわかる気がします(笑)。

 今作はちょっとした繊細で悲しい境遇も盛り込まれた物語展開。その物語に、マドンナ・ふみがいい感じに物語を引き立ててくれました。

 上記にもあるとおり、寅さんと大阪はあまりノリが合わないみたいですが、このマドンナ役でその大阪とも(笑)。その影響は、寅さんの話す言葉にも(笑)。

 寅さんのわかりやすい恋の行方は今作でも健在。寅さんの恋の行方だけではなく、ふみの人生にちょっとしたひと押しをする寅さんの熱い想いは見物でした。

6/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)