甥の満男の恋の行方がまさに青春。寅さんはいい感じの恋の行方が楽しめた、映画「男はつらいよ 寅次郎の青春」

 今作は、寅さんの甥の満男の恋の行方が楽しめました。

「 渥美清主演「男はつらいよ」シリーズ45作目。マドンナは風吹ジュンが務めた。御前様役を長年演じた笠智衆の遺作である。宮崎のとある町で理髪店を営む女性・蝶子に散髪してもらったった寅治郎だが、金がなくなり蝶子の家に泊めてもらうことに。翌日、地元の観光地で偶然にも泉に出会う。驚く泉だが、気を利かせて立ち去ろうとしたところ、寅次郎は泉を追いかけようとして転んでしまった。慌てた泉はとらやへ連絡を入れると、満男が宮崎まで駆け付けてくる。満男は蝶子の弟・竜介と仲良くしている泉を見てヤキモチを焼くのだが…。寅と蝶子、泉と満男。2組の恋の行方はいかに!?
(Yahoo映画より)」

 今作では甥の満男と泉の恋の行方が面白かった。一方の寅さんの恋の行方はいい感じに落ち着いた感じで、満男と泉の関係を見守りつつ展開する感じで楽しめました。

 満男はどことなく子供で、泉は大人な感じの関係。そこに、両親と寅さんがいい感じでその関係を見守る感じで、さらに寅さんの恋の行方も展開されます。
 寅さんの恋の展開は、いつもの雰囲気とは違い、どこか落ち着いた感じの恋の行方で熟した感じ。これはちょっといい感じで癒されるものでした。

 物語展開は、いい感じで若い勢いのある青春と恋の展開が楽しめました。その若さの雰囲気に寅さんの落ち着いた漢字の雰囲気がいい感じでマッチしていました。

 最後のクライマックスの落ちはどこか読めてしまいましたが、そのクライマックスがまたいい感じで、全体的にも安定した物語を楽しめました。

7/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)