いい感じでスリルも物語性もまとめられて楽しめた、映画「るろうに剣心 伝説の最期編」

 「京都大火編」からの続編となり、いい感じでアクションや物語性を楽しめました。

「海を漂流し流れ着いたところを、剣術の師匠である比古清十郎(福山雅治)に助けられた緋村剣心(佐藤健)。その後剣心は、山中で居を構え陶器作りに励む師匠に対し、飛天御剣流の奥義を教えてほしいと懇願する。一方、甲鉄艦・煉獄に搭載した大砲で一つの村を襲撃した志々雄真実(藤原竜也)は、政府に対して剣心を指名手配し、捕らえて処刑するように求める。」

 物語のテンポはいい感じで、チャンバラシーンもいい感じでスリリングに楽しめました。全体的にまとまりもあり、安定した物語展開を楽しめました。
 クライマックスもいい感じで緊迫感があって夢中になりましたが、ちょっとが足りないような感じも覚えました。

 物語に入り込める要素もあり、いい感じで感情移入もできる作品となって、気軽に楽しめるものでした。この作品を見る時には、前作「京都大火編」から見た方が楽しめます。

 人生や仲間、世の中の仕組みなども盛り込まれた内容となっていました。

7/10)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)